Homeスポンサー広告政治>嘘八百の自民党質疑

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘八百の自民党質疑

2010.02.13 Sat

偏向マスコミは朝から嬉しそうに鳩山首相を追及する自民党与謝野馨元財相を取り上げている。小沢一郎民主党幹事長の一連の騒動で下火になっていた鳩山首相の献金問題を再燃させる狙いだろう。この内容の新聞記事を見てみる。


鳩山首相 母に金無心? 本人は「作り話」と強く否定
自民党の与謝野馨元財務相は12日の衆院予算委員会で、鳩山由紀夫首相の弟の鳩山邦夫元総務相から聞いた話として、鳩山首相が実母にお金を無心していたとする「秘話」を明らかにした。首相は全面否定した。
与謝野氏は約1年前、邦夫氏から「兄貴はしょっちゅう、おっかさんとこ行って、子分に配る金が必要だとお金をもらっていた」と聞いたと披露し、「首相は母と政治資金の話をしていないと答弁しているが、実際はしているのでは」とただした。首相は「まったくの作り話だ。兄弟として信じられない」と強く否定。「議員の中でも私からもらった人は誰もいません」と答えた。これに関連し、邦夫氏は同日、記者団に「母と電話した時、『お兄さんは子分を養うためにお金が大変いるということだけど、あなたは子分いないからいらないわけ』と聞かれた」と述べた。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100212-00000014-maip-pol



しかし、この話には重大な事実誤認がある。この後、鳩山邦夫元総務相は記者団の質問に答え、「兄(首相)が母親に無心したとか、(お金を)取りに行ったとか言っているのではない」と発言。首相が母親からの資金提供を認識していたかについては「分からない」と述べた。首相の答弁については「私と母親の会話は事実だが、コメントや評論はしない」と答えている。

つまり、与謝野氏は邦夫氏から聞いた話に憶測で尾ひれを付け、国会という場で話したと言う事になる。これは問題だ。与謝野氏ははっきりと「兄貴はしょっちゅう、おっかさんとこ行って、子分に配る金が必要だとお金をもらっていた」と発言したが、邦夫氏の話から首相本人がこの事実に関わった事を断定した話ではないと読み取れる。つまり、国会という場で事実を歪めて国民に対して伝え、首相を犯罪者扱いしていたことになる。これはとんでもない話だ。現在、起訴されている首相の元秘書たちが鳩山兄弟の母に相談し、資金提供を受けていたというのであれば、元々出ていた一連の事件の経緯と整合性が取れ、話の辻褄は合う。

与謝野氏がこの一件を自分勝手に拡大解釈及び創作し、国会の場で事実を歪めて話したことは許し難い。今回の件を含め、今国会での野党自民党の質疑や姿勢は鳩山政権を攻撃する事だけに終始しているように感じざるを得ない。公明党やみんなの党ですら賛成した補正予算だが、自民党は反対。本当に国民の生活を慮っているとは思えない。谷垣総裁の「みんなでやろうぜ」というキャッチフレーズは、「(民主党攻撃だけを)みんな(老人中心に)でやろうぜ」と言っている様にしか聞こえない。事実を歪めて伝え民主党バッシングを展開するマスゴミと同じ低俗な輩達だ。旧既得権益の方々の執念には恐れ入る。

他の議員の質疑についても、ワイドショーや新聞のリーク記事を鵜呑みにし、事実関係を調査もしないでテレビ等に垂れ流す「ネガティブキャンペーン」に終始している。自民党の河野太郎衆院議員は自身のブログやツイッターで自民党の今国会の予算委員会の要旨対応の異常さを指摘し、「谷垣総裁、これは絶対におかしい」という記事まで投稿している。野党自民党は、二大政党制の受け皿になるべき政党で無い事を再認識した。即刻解党すべき悪しき組織だ。



話は変わるが、先だっての11日、石川知裕衆院議員が民主党に離党届を提出、受理された。私自身としては、今回の一件での離党の必要はないと思う。しかし、本人の決断は重く受け止めるべきだ。また、周辺の将来の事を考えた決断であると感じ、前向きな離党であるとも感じている。石川議員には泰然自若として議員としての職責を全うしていただきたい。





(2/13追記)
「兄が無心とは聞いてない」 鳩山邦夫氏
自民党の鳩山邦夫元総務相は13日、都内で記者会見し、12日の衆院予算委員会で与謝野馨元財務相が邦夫氏から聞いた話として、鳩山由紀夫首相が実母に金を無心していたと指摘したことについて「兄が金を無心したとは(母から)聞いていない」と強調した。
邦夫氏は、実母が2年ほど前に電話で語った内容について「お兄さんは子分がいっぱいいて、世話をするのに大変お金がかかると言っている。あなたは子分はいないの?」と紹介。ただ「金がかかる」と実母に言ったのが首相本人ではない可能性もあるとした上で「与謝野氏は(首相側の)『ぼやき』を『無心』と解釈したのだろう」と語った。自民党が実母らの証人喚問要求を決めたことについては「コメントする立場にない」とした。
(産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100213-00000540-san-pol

上記の記事は嫌民主党の筆頭である便所紙産経様の記事だが、はっきりと首相本人の関与を断定できる証言を得ていた訳ではない事を再度、強調した。与謝野氏がどのような状況から「兄貴はしょっちゅう、おっかさんとこ行って、子分に配る金が必要だとお金をもらっていた」と首相本人がお金無心し受け取っていたと断定出来たのであろうか。国会という最も多くの国民が目にする場で捏造発言をおこなった事は許し難い事であり、与謝野氏には発言の経緯の説明が必要である。鳩山首相は、与謝野氏への猛烈な抗議を行い、多くの国民に対して誤解を招く証言を捏造したことに対して謝罪を要求すべきだ。




banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク




スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

*管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/89-7fdf7669
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。