Homeスポンサー広告政治>小沢氏不起訴と検察の言論弾圧?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏不起訴と検察の言論弾圧?

2010.02.04 Thu

小沢一郎民主党幹事長の政治資金規正法での起訴は嫌疑不十分で見送られる公算が強くなった。石川知裕衆院議員と大久保氏は起訴される見通しで、池田氏については処分を検討しているようだ。

そもそも、小沢氏本人への捜査・立件は無理筋であったことは言うまでも無い。石川氏や大久保氏・池田氏の身柄を拘束し、逮捕に踏み切った事も政治資金規正法の事件としては極めて異例なことであった。先だっての鳩山首相の偽装献金の件では、担当者と会計責任者は逮捕などはされず、在宅起訴となっている事を考えると、異常な姿勢と言わざるを得ない。

水谷建設からの資金が4億円の原資になっていたとの世迷言も、結局何の証拠も出なかった。れっきとした名誉毀損である。証拠があるなら、斡旋利得等の容疑で起訴出来ただろう。どうなっているの?東京地検特捜部のエリートの皆さん(笑)?本日、記者会見されるそうなので(もちろん記者クラブ加盟社以外入れません)、きちんと「説明責任」を果たしてくださいね(笑)。

今後、検察は参院選前に再度、小沢氏への不当な捜査を起こそうとするだろう。その時は国税と組んで「脱税」をやるという噂もある。十分に注意し、油断をしないことだ。

本日起訴後、石川議員は保釈されるとの見通しもある。容疑を認めているのだから当然そうなるべきだろう。しかし、不当な力で認められない可能性もある。その場合は、民主党と政府が憲法50条を使い、衆議院で議決し、釈放を求めるべきだ。そもそも身柄を拘束されるような容疑ではない。政府と民主党は検察の不当な捜査に対し、断固たる姿勢を見せなければならない。

一部で、小沢氏側と検察側との妥協があったのではないかという憶測もある。これに関しては何の情報も無いので分からないが、もし、今後の司法制度改革や公務員制度改革などに著しい遅滞や路線修正が行われるような事があれば、その可能性は十分にあるだろう。有権者は十分に注視しなければならない。私は小沢氏にはこれらの既存の悪しき司法制度や公務員制度の改革に着手し、政治の本来あるべき道への道筋をつけてくれるものと期待しているが、これらをせず、検察をはじめとする公権力に屈してしまうようであれば、断固としてこれを糾弾すべきだと考えている。小沢一郎の存在価値が無くなるし、政権交代の意味も無くなる。今後の行方に注目しよう。


話は少し変わるが、先だってより検察に対する批判記事を大々的に掲載してきた雑誌「週刊朝日」のことは、拙ブログでも度々紹介してきたが、昨日、週刊朝日編集部に対して、東京地検特捜部から抗議があったようだ。内容は記事に「虚偽の点がある」との事だが、この一連の内容について、検察の言論弾圧にあたるのではないかという話がネット上で盛んにされている。該当記事は、2月12日号の週刊朝日の記事「子ども"人質"に女性秘書『恫喝』10時間」である。

そもそも発覚当初より「出頭を要請」という話と、「抗議を受けただけ」という情報が錯綜し、どれが真実か分からない。

ジャーナリスト岩上安身氏のツイッターの情報では、
1.重要! 検察から、週刊朝日編集部に、出頭要請があったのは、事実だった!、情報が二転三転して申し訳ない。以下が真相。今日の午前中、検察から週刊朝日に対して、文書が届き、すぐに来てくれ、捜査妨害だ、話を聞きたいと。明白な出頭要請が。
2.この出頭要請情報は、たちまち外部にも流れたが、これに対して、検察は記者クラブを通じて、朝日新聞本社に圧力。なんと朝日新聞本社は、この圧力に屈して、週刊朝日編集部トップに対し、抗議文が来たことだけにして、出頭要請は伏せろと指示。
3.本社の圧力に対して、週刊朝日編集部トップは抵抗したが、本社側の強い圧力に押し切られた。編集部の平部員や、外部に対しては、出頭要請はなかった、抗議文だけだったということにして、山口編集長は、明日、出頭することになるという。
4.検察の異常な強権発動、それに唯々諾々と従う記者クラブ、権力に屈して、身内を売り、出頭がなかったことに偽装を強要する朝日新聞社、それらすべてに、断固として、抗議する!
となっている。

朝日新聞編集局のツイッター情報では、
1.2月12日号の週刊朝日の記事「子ども"人質"に女性秘書『恫喝』10時間」について、編集長に東京地検から出頭要請があったとの情報がツイッターで飛び交っておりますが、出頭要請はありません。週刊朝日編集部に確認したところ、東京地検からこの記事への抗議書が届いたとのことです。
となっている。

ちなみに週刊朝日の山口編集長はこの問題とされている記事に対して、
1.2月12日号「子ども人質に女性秘書『恫喝』10時間」の記事に対し3日、谷川恒太・東京地検次席名の「抗議書」を受け取りました。記事は丁寧な取材を重ねたものであり、自信を持っております。
とコメントした。

本日、戦時下の言論弾圧事件である「横浜事件」において、司法の責任を認め、補償を行う旨が示されたが、もし、この特捜部からの出頭要請が事実であるならば、それはまさに言論弾圧であり、権力を笠に高圧的な態度で威嚇する最底辺の集団となってしまっており、まさに現在の特捜部がその時代の特高そのものである。




(ご紹介)
1.1/19の投稿で紹介した「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」のシンポジウムの映像が公開されました。
映像等のURLはこちらhttp://opinion.infoseek.co.jp/article/721
ご覧になっていない方は是非ご覧下さい。

2.記者クラブ開放を訴えるジャーナリスト上杉隆氏の記事を紹介します。ご一読下さい。
ダイアモンドオンライン様
「検察という国家権力にすり寄る記者クラブメディアの醜悪」

3.阿修羅様に副島隆彦氏の面白い記事が載っています。ご参照下さい。
阿修羅様
副島隆彦:目下の小沢攻撃をまだ画策する者たちがいる。その米国側で攻撃を行っているもの達の素顔を晒(さら)します。 

4.これも阿修羅様の記事。
阿修羅様
小沢幹事長会見:大メディアが触れないこと、変えたこと~マスメディアは記者会見開放がそんなにお嫌い?









banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク



スポンサーサイト

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/87-862429d5
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。