Homeスポンサー広告政治>小沢一郎を護れ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢一郎を護れ

2010.02.02 Tue

小沢一郎民主党幹事長が特捜部から二度目の聴取を受けた模様だ。逮捕されている3人の秘書担当者らは、自身の虚偽記載については認めているものの、小沢氏の関与については総じて否認している模様で、小沢氏本人もそう答えたと見られる。

元々、政治資金規正法違反の不記載や虚偽記載で、逮捕が行われる事自体が異例中の異例の出来事である。過去の例を見ても、たいていは報告書の修正、担当や責任者の在宅起訴で済んでいる。先だっての鳩山首相の偽装献金事件でさえ、報告書の修正と担当・責任者の起訴で終わり、鳩山氏への聴取すら行われなかった。「法の下の平等」を検察が知らぬはずは無い。故意にやっているのだ。

昨日、小沢氏は自身が刑事責任を問われるような事になれば、幹事長職の進退に影響がある旨の発言をした。もちろん、「そのような事はあるわけもないが」と前置きした上でだ。これは検察や周辺に対する意思表明だろう。元々無理筋の捜査である自身への虚偽記載の共犯での立件をされないという自信の表れと共に、検察が起訴に踏み切った場合は「検察もただでは済みませんよ」という意味合いも含まれているだろう。起訴を選択しても不起訴を選択しても待っているのは茨の道。追い詰められているのは検察である。

この前日、小沢氏と距離を置く前原国交相・野田財務副相・枝野氏らが、挙って小沢氏の進退に言及した。全く以って不愉快と言う他無い。この背後には渡部爺の姿も見え隠れする。やはり、彼らは裏切り者である事を露呈してしまった。彼らは事の本質を理解していない。自分達が小沢氏を廃し、実権を握りたいのだろうが、小沢氏以外の人が現在の民主党を治められる訳が無い。自分達が前に出て党を運営していた時、どのような状況だったのか考えたほうがよい。岡田氏や前原氏が代表だった時、党は選挙敗北・メール問題等で窮地にいた。その後を受けた小沢一郎氏が、民主党を政権交代の受け皿と成り得る組織へと生まれ変わらせた。昨年の西松の時もそうだったが、私怨や私利私欲だけでなく、もっと党人として大局を見られるようにならなければ、ポスト鳩山など以ての外だ。元々前原氏や野田氏のグループは新自由主義的な思想を持っており、小泉内閣以降の自民党政治を強烈に否定する民主党政権の中枢として相応しくない。野田氏は既に財務官僚に取り込まれた感もあり、脱官僚を目指す内閣の一員として不適当だ。政権を支える気が無いのであれば、党外に去るべきだ。

31日に小沢氏の聴取を行ったと言う事は、検察内部は意見が纏まっていないと見える。検察も一枚岩では無いようだ。ただ、楽観は出来ない。検察が小沢氏をこの無理筋の捜査で立件する可能性は非常に高い。ただ、検察は小沢氏を立件さえすれば勝ちと安易に考えているのでは無いだろうか。それは甘い。例え小沢氏が幹事長を辞め、離党したとしても議員辞職は決してしないだろう。小沢氏が議員を辞めない限り影響力は衰えない。検察が追い詰められるだけだ。もう、某国は助けてくれない。自民党清和会も力は無い。元々無理筋の捜査を水谷の会長に偽証まがいの事までさせてまで食らいついてきた。その根性だけは天晴れである。しかし、国民から選ばれた政権や議員を貶めるような行為は断じて許す事が出来ない。これは検察をはじめとする官権力の許されない暴走である。

検察をはじめとする官僚組織やそれに組みする勢力は、小沢一郎氏によって官僚組織や既得権益に手が突っ込まれる事を危惧している。つまり、自分の既得権を守ることしか考えていないのである。思えば、某国に不利な事を言うとその政治家に疑惑が浮上するのは何でだろうと不思議に感じる。そういえば、小沢氏は、昨年の西松事件発覚直前、某国の軍隊について言及していましたね。不思議なものです。今日の某国要人との会見次第では、逮捕許諾請求されたりして・・・。

鳩山政権は、適切な捜査をするよう検察に対して法務大臣の指揮権を発動すべきだ。指揮権は検察が暴走した時の為にある。妙にタブー視する向きもあるが、それは違う。暴走する検察を是正する為にあるのだ。つまり、今、使う為にあるのだ。鳩山首相は千葉法相に指揮権発動を指示せよ。従わないのならば罷免し、自ら兼任して指揮権を発動せよ。小沢幹事長は、今の政権の根幹を担っている。小沢氏の居ない鳩山政権など、手足を全て捥がれたも同然だ。国民の為の政治を行うためにも、小沢氏は必要不可欠である。

マスゴミは検察のリークに乗っかり、餌を欲するだけの畜生と化してしまった。政権はクロスオーナーシップの規制・禁止を前面に打ち出し、マスゴミの浄化を図るべきだ。また、不当な検察の捜査を回避するため、冤罪を抑える為に可視化法案を成立させよ。徹底的に現状の膿を出す為に、全力を注げ。記者クラブという官僚によるマスコミコントロール装置はもう要らない。小沢一郎氏はすでに会見をフルオープンにしている。官邸はじめ省庁もこれに習い、記者クラブを廃止し、平等なマスメディア構築の礎を築け。検察がマスゴミを使って世論を動かすなど言語道断である。自分達や雇い主に逆らう人たちを葬り去ってきた特捜部は、即刻廃止せよ。

もし、検察が小沢氏を起訴するならば、それは民主主義を認めず官僚支配を国民に知らしめるという行為でしかなく、自分達や自分の雇い主の意に反する人間は絶対に権力を使って排斥するという民主主義国家を根底から冒涜する行為を認めたという事である。民主主義に則り現政権を選択した優良な日本国民はこれを絶対に許してはならない。検察が国民の信を得るには、適切な捜査と適切な説明責任を果たす事だ。小沢氏への不当な捜査を止め、納得のいく説明をせよ。








(ご紹介)
1.1/19の投稿で紹介した「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」のシンポジウムの映像が公開されました。
映像等のURLはこちらhttp://opinion.infoseek.co.jp/article/721
ご覧になっていない方は是非ご覧下さい。

2.記者クラブ開放を訴えるジャーナリスト上杉隆氏の記事を紹介します。ご一読下さい。
ダイアモンドオンライン様
「検察という国家権力にすり寄る記者クラブメディアの醜悪」

3.阿修羅様に副島隆彦氏の面白い記事が載っています。ご参照下さい。
阿修羅様
副島隆彦:目下の小沢攻撃をまだ画策する者たちがいる。その米国側で攻撃を行っているもの達の素顔を晒(さら)します。 

4.これも阿修羅様の記事。
阿修羅様
小沢幹事長会見:大メディアが触れないこと、変えたこと~マスメディアは記者会見開放がそんなにお嫌い?









banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク


スポンサーサイト

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

コメント

*抗議先一覧表

みんなで抗議の声を上げるべき時です。
以下のページに抗議先が掲載されていますので参照してください。

http://d.hatena.ne.jp/masukomihaaho/

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/86-78a0e15b
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。