Homeスポンサー広告政治>平野官房長官への不信

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平野官房長官への不信

2010.01.26 Tue

名護市長選の結果に「斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と発言した平野博文官房長官。小沢一郎民主党幹事長の捜査の問題はじめ様々な問題を抱える鳩山政権を支える女房役として、氏は相応しいのだろうか。

平野官房長官といえば、まず官邸の記者クラブ開放に消極的であるという点がクローズアップされていた。記者クラブ開放に挑むジャーナリストの上杉隆氏もツイッターなどで「あの官房長官を変えなきゃ無理でしょ」的な会話を党職員としていたようだし、望み薄の状態が現状続いている。記者クラブ開放を訴え、党本部の会見を解放し続けてきた民主党。そして小沢氏や鳩山氏はそれを実践し続けてきた(小沢氏は今も続けている)。そして、各大臣の間でもこの機運が高まり、開放の方向に向かっている中で、この官房長官の姿勢は大きく疑問を持たざるを得ない。

また、しなければいい余計な発言をしがちで、この発言が特に連立与党内の不信感を生んでいる。今回の件に関していえば、与党内での懸案事項である基地問題について、鳩山首相は「あらゆる事柄をゼロベースで検討する」と繰り返し発言している。官房長官とすれば「首相はゼロベースで検討し、5月末までに結論の方向性を出すとおっしゃっている。昨日の選挙結果は当然地元の民意であるし、今、連立与党内はじめ様々な検討がなされている段階なので、全てを受け止め勘案した上で判断すべきこと。個別のケースについて想像で現状申し上げる事は出来ません。」と無難に発言すべきである。それを昨日の選挙結果(民意)を無視するような発言をし、余計な火種を撒き散らすような発言をするような人に、官邸の要を任せて良い訳が無い。そもそも民意で政権についた民主党連立政権の要が、民意である選挙結果を無視するような発言をする事自体がおかしい。名護市民や沖縄県民の気持ちを何も考えていない事が露呈してしまった。様々なケースを検討し、国益や県民益をもたらさなければならない内閣の人間の発言とは思えない。内閣の閣員のサポートをし、対米追従外交是正などこれから様々な難問に立ち向かう鳩山首相を守り立てていかなければいけない人間の態度として、不適格だと感じざるを得ない。

これらの不信を生む発言が、計算された上で施策を行う布石であえて言っているのであれば、それはそれで構わないが、氏はそこまで高等な計算をしているようには見えない。かといって、期待されていたほど、党や他の大臣達との調整に長けている訳でもない様だ。首相や内閣の方針の足を引っ張っているようにしか見えない。これ以上、このような状態が続くのであれば、氏は官房長官として不適格だ。交代を検討したほうが良いだろう。


話は変わり、小沢氏の件だが、報道で疑惑を増幅させるような故意の印象操作報道が数多くなされている。石川氏の父の会見では「本当のことを話す」という部分だけがクローズアップされているが、これは「虚偽記載が故意か故意で無いかを正直に話す」という部分についての話であり、まるで「水谷からお金をもらった事を正直に検察に話す」ような報道にすりかえられている事が問題だ。

また、昨日あたりから、石川氏の手帳から「全日空ホテル」の記載があったというリークが流れて報道されているが、夕刻以降、実はこれは2005年の石川氏の手帳であり、2004年に石川氏に資金を渡したとする水谷側の供述とは食い違いがあることが判明した。つまり、しかも、喫茶店で5000万もの金銭の授受が行われていたとは常識的には考えづらい。一般的に、1000万円の重さが1.05キログラム。5000万円であれば5.25キログラムになる。これだけのお金を公衆の面前で授受する事自体が本当にあるのだろうか?甚だ疑問だ。お互い運ぶだけでも相当な労力だ。話が長くなったが、つまり関係ないことを一緒に報道して、さも金銭授受の決定的な証拠が出てきたような印象を植え付ける悪質な報道の仕方は遺憾である。そもそも、全日空ホテル(現ANAインターコンチネンタルホテル)は昔から小沢氏やその関係者がよく使っている御用達ホテルであり、政治記者の方なら皆知っているほどである。手帳にその記載があったとしても何ら不思議は無く、金銭授受を裏付ける証拠にはなり得ない。この記事の要約をすると「石川さんの2005年の手帳に全日空ホテルって書いてありました。」だけのことである。報道する価値も無い話だ。関係者の皆さんは、余程マスゴミを操るのがお好きなようだ。

そもそも、水谷側の証言の信憑性も低い。服役中の人間が手元に何の資料も無い状態で、「2004年10月15日に石川氏に資金を渡しました」と証言できる事のほうが不思議だ。小沢退治の証拠が欲しい検察に言われたままに偽証している可能性が高い。先だっての元福島県知事の裁判においても、この水谷元会長の証言は信用に値しないし、検察によるでっち上げ事件だった旨が示されている。報道はこの事実をキチンと伝えるべきだ。

クロスオーナーシップの規制についてもそうだ。あれだけ原口総務相が会見で時間を割いて述べているにもかかわらず、マスコミは一切報じようとしない。昨日TVタックルで少し原口氏の発言が流れた程度だ。あれでは、国民は何のことだか解らない。原口氏は事あるごとにクロスオーナーシップの規制についてメディアに述べていくだろう。原口大臣のこの姿勢には心より敬意を表す。どのぐらい報道されるか見ものである。恐らく、マスコミはこの自分達に都合の悪い情報を今後も出来る限り隠蔽し続けるだろう。こんな体質のマスコミが報じている小沢問題の真実に、国民は早く気付くべきだ。




(ご紹介)
1.人気ブログ カナダde日本語 様が拙ブログのことを取り上げてくださっています。美爾依さん、有難う御座いました。
掲載記事はこちら 「鳩山政権TBP」な仲間たち


2.1/19の投稿で紹介した「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」のシンポジウムの映像が公開されました。
映像等のURLはこちらhttp://opinion.infoseek.co.jp/article/721
ご覧になっていない方は是非ご覧下さい。

3.記者クラブ開放を訴えるジャーナリスト上杉隆氏の記事を紹介します。ご一読下さい。
ダイアモンドオンライン様
「小沢問題で検察リークに踊らされるメディアへの危惧」

4.阿修羅様に河野太郎自民党衆院議員の検察・マスコミの現状についての意見が載っています。ご覧下さい。
「河野太郎議員が検察のリークとその飼い犬のようなマスコミを批判」






banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク


スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

*

turffanさん
わざわざご紹介に与りましてありがとうございます。
こちらこそ、よろしくお願いします。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/83-95fab87d
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。