Homeスポンサー広告政治>嘘つき検察の断末魔

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つき検察の断末魔

2010.01.22 Fri

小沢一郎民主党幹事長への相も変わらないバッシングだが、勢いは衰える事が無い。嘘つき検察とそれを支配する勢力、そして服従する腐りきったマスゴミは、死に物狂いで小沢氏や民主党を排除しようとしている。23日に小沢氏が特捜部の聴取に応じるようだが、私としては反対である。マスコミは、小沢氏が聴取から逃げ回っているという報道しかしていないが、小沢氏側が聴取を拒否した事実は無く、日程の問題で調整させて欲しいとしただけの事である。そもそも「任意」なのだから、すべて検察の言うとおり従わなければいけないという意見こそ間違っている。また、国会開会前の聴取に応じると、不当に逮捕される危険性があった。そのことをきちんと報道すべきである。今回、いくら小沢氏がキチンと話をしようと、検察側は「信憑性が無い」「疑いが強まった」とし、聴取の内容を元にし、小沢氏本人の起訴まで持ち込もうとするだろう。マスゴミも「納得いかない」「更なる説明責任を果たせ」と魔女裁判のように繰り返すだろう。あまり、痴犬とマスゴミの土俵には乗らないほうがいいと思うのだが・・・。小沢氏側には、これに対抗しうる策があるのだろうか。

そもそも、原資を調べる事は、政治資金規正法上の捜査ではない。まるで斡旋利得や贈収賄での容疑である。石川氏らは、政治資金規正法の記載に関する事項で逮捕され、取り調べられているはずである。本来であれば、その記載についての認識があるかどうかだけが焦点のはずである。小沢検挙の目的ありきの異常な捜査であると言わざるを得ず、捜査の順序が逆である。これでは明確な別件逮捕・見込み捜査であり、もっと声高に抗議して良い。斡旋利得等であればいざしらず、政治資金規正法違反の件で原資について答えるという小沢氏は、法律的に解釈すると、検察の土俵に乗って話をしてあげる捜査に極めて協力的な人と感じ取れる。

そもそも水谷からの資金が原資に含まれると言う見解は、未だ検察の想像の域を出ない話であり、証拠も服役中の水谷元幹部の証言のみである。石川氏の事務所から水谷の幹部の名刺が出てきたと大騒ぎしているが、そんな物は金を渡した証拠にはならない。人とよく会うビジネスをしている人はお解りだろうが、会った記憶の無い人の名刺など、いくらでも持っている。名刺は会っていなくても人づてに渡される事もあるし、不在の時に勝手においていく事もある。名刺が証拠になるというのであれば、日本の裁判は大変な事になってしまうだろう。そもそもこの水谷幹部自体、元福島県知事の裁判でも証言に信憑性が無いと裁判官に判断されるような内容であり、信憑性に乏しい。その証拠(?)しか、現在特捜部には無いのである。見込み捜査で別件逮捕に踏み切らざるを得なかったのは、聴取での証言以外、もう望める証拠が無いからだと推測出来る。

また、大久保氏の裁判で検察側の用意した証人の実務担当していたとされる西松社員が、西松のダミー献金団体とされた組織について、「ダミーであるという認識は無かった」と証言。大久保氏の裁判の最大の肝である検察の主張が覆され、公判維持そのものが難しくなってしまったことも、今回の石川氏たちの逮捕に踏み切った要因の一つだろう。そうしなければ、検察の主張が嘘であった事がばれてしまう。実際、本来であれば西松公判について報道されるべき日のニュースはすべて「石川逮捕」に塗り替えられてしまった。検察の敗北そのものの報道させないための策とも取れる。しかも、この裁判は訴因変更をしやにいれているということだ。つまり、検察の負けそのものを消し去り、新たな容疑を追加して裁判の長期化を狙い、結論を先送りさせるものと言える。極めて悪質だ。

検察OBや司法関係者もこの逮捕と捜査は「無理筋」との見解を示している。そもそも仮に水谷から金を貰っていたとしても、当時野党だった小沢氏には職務権限が無く、収賄や斡旋利得での立件は難しい。記載の過不足での脱税を狙う線もあるが、これも相当難しい。ただ、脱税に関しては、小沢氏は色々な資金面の話に特に注意したほうが良いだろう。国税も検察に協力するだろうし、重箱のすみをつつくような話が出ないとも限らない。税務署が認めたような話でも国税は蒸し返しでっち上げてくる。今まで多くのスポーツ選手や芸能人が追徴課税を払っている案件の多くは、税務署の認識と国税の認識のずれで生じたもので、本人達が税務署などに相談し判断した内容をまるで犯罪でも犯したかのように国税の正当性を報道させているものも多いので、どんな言い掛かりを付けてくるとも限らない。十分に注意すべきだ。

今、検察が行っている事は、最後の悪あがきに過ぎない。小沢氏の全てを正しいと言うつもりは無いが、あまりにも検察は暴走している。民主党議員や鳩山政権は全力でこの異常な検察からの圧力に対抗しなければならない。鳩山首相や千葉法相は指揮権の発動を視野に入れよ。ここを見てくださっている方々は、その辺を十分に考慮し、正しい視点で今回の小沢氏に対する報道をご覧になり、検察やマスゴミに対して毅然とした態度を取られる事を心より願っております。拙ブログ1/131/151/19も是非あわせて再度ご一読下さい。



ここ数日、今回の小沢氏の件や検察マスコミに関する内容の記事が各報道のみならず、各ブロガーさんたちや掲示板等も多く取り上げている。その中で私が紹介したい記事を幾つかリンクしてきますので、皆さん是非ご覧になっていただきたいと思います。


udonenogureさんの「雑感」様
「検察やマスコミも何をやってんだか(大瀑」

カナダde日本語様
「小沢幹事長は地検の任意聴取に応じるべきではない」

Nothing Ventured, Nothing Gained.様
「小沢問題に関する考察 - 検察の捜査方法への疑問」

ネットゲリラ様
「権力は今んとこモザイク模様」

阿修羅様
「緊急! 元大阪高検公安部長三井環氏による検察対策「緊急3提言」の文字要約」
【alternative、日テレ解説員・河上和雄元・検事総長、自民党から受け取っている「裏金」】
(1/24追加)「河野太郎議員が検察のリークとその飼い犬のようなマスコミを批判」






(ご紹介)
1/19の投稿で紹介した「『新撰組』化する警察&検察&官僚がニッポンを滅ぼす!」のシンポジウムの映像が公開されました。
映像等のURLはこちらhttp://opinion.infoseek.co.jp/article/721
ご覧になっていない方は是非ご覧下さい。






banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク
スポンサーサイト

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

コメント

*勉強になりました。

私は政治の事は全くの素人ですが、自分なりに疑問や意見を記事にしています。一度覗きにきてください。出来れば最初から記事を読んでいただければありがたいです。よろしくお願いします。

*はじめまして

私と同じFC2のブログなのに、初めて訪問させていただきます。
とても共感できる記事を書いていらっしゃるのに、これまで、ぜんぜん気がつきませんでした。
これからも、時々おじゃまさせてください。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/80-5410434b
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。