Homeスポンサー広告政治>今年鳩山政権に望む事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年鳩山政権に望む事

2010.01.05 Tue

新年明けましておめでとう御座います。
旧年中は本ブログに多くのご支援やご意見を賜り、
誠に有難う御座いました。
本年も不定期では御座いますが、
細々と更新を続ける予定でおりますので、
今後ともご支援を賜りますよう
引き続き宜しくお願い致します。



昨年はついに政権交代が実現した。鳩山由紀夫氏・小沢一郎氏率いる民主党が第一党となり、国民が明確に自民党政権にNo.を突きつけた。だが、未だ一部官僚やマスゴミはこの国民に選ばれた政権を執拗に攻撃し、既得権益にまみれた守旧派の先鋒となり続け、日本の正しい変革を妨げようとしている。政権が変わっても抵抗し続ける今まで日本を裏で操り続けてきた勢力とそこに媚び諂うマスゴミを排除しなければ日本に未来は無い。鳩山内閣と民主党に大いに奮起してもらいたい。

発足して約三ヶ月の鳩山内閣を今評価するのは大変難しい事だ。しかし、私自身は及第点ではないかと考えている。政権交代後という難局を比較的無難に運営出来ているからだ。勿論不満もある。経済財政政策ではもっと積極的な予算配分や財政出動、デフレ対策や中小企業対策を行うべきであると考えている。しかし、評価出来る点として対米外交・事業仕分け等の画期的なシステムの導入がある。特に対米外交では普天間問題で米のペースに乗らず、今後の日米外交のために外交姿勢を根幹から築き直そうとする姿勢が非常に評価出来る。日本のマスゴミが米の言うことを聞けと言うおかしな論調を作り出していたが、全く以って不可思議な事である。外野に惑わされず、国民や沖縄県民の益になる結論が出される事を期待している。

また、鳩山首相の偽装献金問題や小沢幹事長の西松公判・土地売買問題など多くの問題を抱えているが、よく見れば騒ぎ立てるような問題ではないことは一目瞭然だ。何故民主党議員ばかり表立って騒がれるのか。検察しか知りえない情報がどうして易々と報道されるのか。「関係者の云々でわかった」という表現の記事は、検察からマスコミへのリークである。検察(特に特捜)は今や完全に某国や守旧派・既得権益の犬である。今、小沢氏や側近の議員が狙われている。鳩山内閣は全力でこの検察の横暴を防がねばならない。小沢一郎氏を失うという事は、民主党政権(非自民党政権)の崩壊を意味し、日本の政治の崩壊を意味する。守旧派の手口を知り尽くした怪物小沢一郎氏のいない政権など赤子の手を捻るよりも簡単に崩壊してしまう。鳩山内閣と民主党は何があっても小沢一郎氏を全力で護る事が大切だ。検察の機構的な改革も視野に入れ、正しい司法を築き直さなければならない。

また、景気対策も重要だ。財務省サイドの望む緊縮財政は二番底を招く可能性がある。ある程度の国債発行増加はやむを得ない。麻生内閣のように大手企業を優遇するだけでなく、国民目線に立った景気優先策を策定すべきだ。

鳩山内閣の真価が問われるのは今年だ。参院選を夏に控え、攻撃は益々厳しくなるだろう。ただ、しかし考えて欲しい。今、鳩山内閣や民主党を攻撃して崩壊させれば、誰が日本の政治を担うのか。他に任せられる者などいない。自民党政権などもってのほかだ。国民は自分達の選んだ政権が正しく政治を動かしていけるように支援すべきだ。その上でチェックし、次の政治をどうしていくのか選択すべきだ。浅はかなマスゴミの煽動に乗っては、国益を損なうばかりである。






banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

*

『朝鮮進駐軍』について知って下さい

今日本で起っている大変なことの意味がすべて分かります

http://www.youtube.com/watch?v=uyMLaVq4ez0 

http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html

そしてできたらどうか拡散して下さい

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/74-27a39704
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。