Homeスポンサー広告政治>代表質問と今後の与野党

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表質問と今後の与野党

2009.10.29 Thu

<鳩山首相>
強気の挑発答弁
「こんな財政に誰がした」



鳩山由紀夫首相の所信表明演説に対する各党の代表質問が28日、衆院本会議で始まった。初の国会答弁に臨んだ首相は、衆院選マニフェスト(政権公約)について「国民との契約であり、必ず実現する。もし4年後、達成できなかったと国民から思われたら、政治家として責任を取る」と明言。具体論に踏み込まない安全運転の一方で、厳しい野党質問に対し、挑発的な答弁も目立った。

代表質問初日には自民党の谷垣禎一総裁と同党の西村康稔政調副会長、公明党の井上義久幹事長が登壇。谷垣氏は「民主党マニフェストは羊頭狗肉(ようとうくにく)だ」などと声を張り上げた。先の衆院選後、自民党支持率は低迷しており、参院静岡、神奈川両補選にも大敗。国会での論戦に何とか活路を見いだそうと、園田博之幹事長代理と何回も推敲(すいこう)を重ねた原稿だ。

財務相経験者でもある谷垣氏は、財政再建論者。鳩山政権の来年度概算要求を「ばらまき」と批判した谷垣質問に対し、鳩山首相は言い放った。

「あなた方に言われたくない。より正確に申し上げれば、こんな財政にしたのは誰なんだ」

それまで腕組みをしながら答弁を聞いていた谷垣氏は、身を乗り出し、ヤジを飛ばした。

鳩山政権が発足間もないだけに、現政権への批判はそのまま旧自公政権の自己批判につながる可能性もある。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設計画を巡り、鳩山首相は「今まで10年以上結論を出さなかったのは、どの政権なのか」と切り返した。

普段、温厚な谷垣氏は代表質問後、鳩山首相の挑発答弁について「そういう反応で乗り越えられると思っているなら、噴飯ものだ」と不快感を表明。しかし当の首相は強気そのもの。28日夕、首相官邸で「旧政権のさまざまな失政のツケが国民に回ってきている。新政権でツケをなくし、よりきれいな状況に戻していかなければならない」と語った。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091028-00000126-mai-pol



ここより個人的感想


先日の鳩山総理の所信表明演説、少し時間が長すぎる気はするが、全体的にはきちんと理念が語られていて良かったと思う。具体的な話が乏しいとの指摘があるが、所信表明とは元々大きなビジョンや理念を語るものであり、具体的な回答を求められる委員会答弁とは異質なので問題ないと思う。その中で、思いや熱意を感じ取る事が出来、国民に対する姿勢を汲み取れるものであったと筆者は評価している。

そして、それを受けての代表質問。はっきりいって失望した。自民党がここまで使えない党だったとは・・・。薄々気付いてはいたが、野党としての能力はほぼ皆無だった。谷垣・西村両氏が質問に立ったが、攻めどころが今一分かっていない。今の政権の現状を攻めるのであれば、そのうちのほぼ8割は一ヵ月半前まで政権を担っていた自公にブーメランで返ってくる訳だ。そんなことも分からないのか。攻めるのなら、民主党政権の矛盾をもっと的確に突いていかなければならない。与党と一緒に大きな話をしていたら、相手の土俵に乗ってしまうことに気付け。野党の指摘はもっと具体的で細やかな逃げづらい指摘でなければならない。谷垣氏の質問は園田幹事長代理と何回も推敲を重ねた原稿とのことだが、根本的に感覚が間違っている。共産党にでも出向いて、一から修行しなおしたほうがよい。西村氏の質問はもっと酷い。あんな質問を国会の、しかも本会議で出来るその精神がそもそも間違っている。野党自民党の能力が低いという事は、日本の政治レベルの低下そのものである。早く正しい野党として覚醒して欲しい。

鳩山首相の「反論」はもっともな言い分だ。自公政権は今まで国民を欺き続けてきた。自公政権が今まで解決出来なかった問題に、この一ヶ月半で手をつけ取り組んできたのだから、もっと評価されても良いだろう。ただ一つ、こういう答弁を現状の答弁として繰り返し行うと、時間経過後の後々の自身の答弁における切り返しがきつくなる事は言うまでも無いだろう。政権担当者としては、あまり頻繁に使いすぎないように注意が必要だ。落武者と自分達を比べ続けるという愚かしい事はやるべきではない。

現状、民主党政権の目先の課題は、雇用・景気対策と米軍普天間問題だろう。特に普天間の問題は、各閣僚が色々意見を述べているが、もっと鳩山首相や官邸サイドで関係閣僚との意思疎通を明確に図るべきだ。米のゲーツ国防長官は、正直焦っている。オバマ大統領の訪日前に結論を出してはいけない。ゲーツ氏は親共和党の人間だということをもっと念頭において考えて欲しい。米側の圧力に屈することなく、米政権内と粘り強く交渉し日本の国益に適った判断をしてほしい。

日曜日の選挙結果では、参院補選は民主が勝った。国政での民主に期待する民意だろう。しかし、地方選では推薦候補が相次いで破れ、神戸市長選でも勝利こそしたが、現職を推薦したにもかかわらず僅差まで追い込まれた。民主党に対する期待が大きいだけに、冷めるのも早いはず。その片鱗が意外と早く見えてしまった。国政と地方選は異質とはいえ、バロメーターにはなる。今のうちにもう一段の引き締めが必要だろう。小沢神話と持て囃されていたが、その神通力も一時期よりは衰えている気がする。参院選まであと一年ない。地方組織の立て直しは急務だろう。どのように支持を再拡大していくか、大きな課題である。

民主党政権は国民の反応に真摯に耳を傾け、約束した施策を遂行しなければ簡単に支持を失うだろう。ただし、いっぺんに全てに取り組もうとすると、政権に歪みが出る。優先順位をつけ、適切に4年間でのプランを立て、実行すべきだ。そして、適切な説明を国民にし、常に民意に沿った謙虚な政権で無ければならない。謙虚さを失った時、それは国民の支持を失ったということを、常に認識していなければならない。








banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク
スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/66-40975880
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。