Homeスポンサー広告政治>補正予算の見直し

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

補正予算の見直し

2009.10.02 Fri

<補正凍結>
9府省庁で1.7兆円確保
厚労省は4千億円


政府が2010年度予算の財源捻出(ねんしゅつ)のために進めている09年度補正予算の執行停止で、削減規模が判明した9府省庁で少なくとも1兆7200億~1兆9200億円超を凍結、2兆円台に近い規模をすでに確保したことが1日、毎日新聞の取材で分かった。民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)で掲げた独自政策に必要な経費は10年度当初で7兆円を超えることから、仙谷由人・行政刷新担当相らが2日以降、全省庁の見直し結果を精査し、さらなる積み増しを図る。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091002-00000012-mai-bus_all



ここより個人的感想



自公政権の無駄な補正予算については即刻見直しの上、不要な物は凍結すべき。下らない箱物の建設費用や無駄な事業はどんどん見直すべきだ。

官僚たちは現時点で、なるべく自分の省が一旦確保した予算をなるべく削られないようにと、無駄な努力をしている。政権が変わった事をまだ正しく認識出来ていないようだ。政治主導でどんどん見直さなければ、政権交代した意味が無い。官僚は腐った性根を捨てて、国民が選んだ政権に協力し、国のために働く意識を持て。現政権は、自公のような官僚のいう事を鵜呑みにするような政権ではない事を世間に示して欲しい。終わるまで額を公表しないそうだが、そのほうが良いと思う。その度にマスコミに面白おかしく報道され妨害されるくらいなら、公表しないほうがやりやすいだろう。目標とされる3兆円は必ず捻出できる。官僚をねじ伏せ、頑張って欲しい。

今、民主党政権は自公の腐った置き土産の処理に追われている。マスコミやバカネトウヨたちが、盛んに民主政権を批判しているが、気にする事は無い。少なくとも国民は自民よりはマシだと思って民主党を選んで政権を託したのだ。逆に産経新聞が言っている事の逆をすれば間違いないような気さえ最近はしている。産経はじめ新聞各社は今、民主を黙らせようと色々とどうでもいい話題を持ち出し、自分達のいう事を聞かせようとしている。決して乗ってはいけない。問題があればきちんと説明すれば良いだけの話だ。マスゴミからのラフプレーに乗ったら、それこそ思うつぼだ。それをマスゴミは願っている。民主党は襟を正して、マスコミの批判など気にせず、過去の政権の膿を出し切って欲しい。それが出来るのは、高支持率を背景にしている今のうちである。









banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/57-779d99a9
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。