Homeスポンサー広告政治>出来レースの茶番総裁選

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出来レースの茶番総裁選

2009.09.28 Mon

自民総裁選
谷垣氏が新総裁に
2氏を圧倒


麻生太郎前首相の後継を決める自民党総裁選は28日投開票され、谷垣禎一元財務相(64)が党所属国会議員票と地方票合せて300票を獲得し党両院議員総会を経て第24代総裁に選出された。谷垣氏の得票は国会議員票(199票)のうち120票、地方票(300票)のうち180票といずれも過半数を占めた。

河野太郎元副法相(46)は計144票(国会議員票35票、地方票109票)。西村康稔前外務政務官(46)は計54票(国会議員票43票、地方票11票)だった。無効票は国会議員票で1票。

河野、西村両氏は世代交代や派閥解消などを訴えたが、衆院選惨敗を受け挙党体制構築を強調した谷垣氏が2氏を圧倒した。

谷垣氏は両院議員総会で「もう一回我が党が国民の信頼を取り戻し、政権復帰できるように全身全霊を傾けて職務にあたりたい」とあいさつした。谷垣氏は今後党役員人事に着手する。

谷垣氏は衆院京都5区選出で当選10回。財務相、党政調会長などを歴任。06年9月の総裁選に出馬し「消費税率10%」による財政再建などを訴えたが、当選した安倍晋三元首相、麻生前首相に次ぐ3位だった。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090928-00000009-maip-pol



ここより個人的感想



今回の自民党総裁選だが、はっきりいって心から失望した。民主党連立政権は政権奪取後、矢継ぎ早にダム建設問題やJAL問題、天下り問題をはじめ様々な問題に早急に取り組んでいるというのに、自民党がこんな下らない総裁選を無駄な日数を掛けてやっていることに、自民党に対する更なる嫌悪感すら覚える。

最初から谷垣氏当選ありきの出来レース。舛添氏や有力各氏を出馬しないように仕向け、小野寺五典氏の出馬を叩き潰し、河野太郎氏に票が集まらないように、急遽当て馬の西村康稔氏を出馬させて牽制する。酷いにも程がある。

自民党はまだ、何故選挙で負けたのか、わかっていないようだ。民主党に対抗し、頑張って欲しいと思っている国民の期待を更に裏切る行為をした。一部の長老のご意向で総裁が決まる今までの自民党と何一つ変わっていない姿を晒してしまった。これでは、古いままの自民党の典型だ。これで来年の参院選に勝とうと思っているなら、それは大きな勘違いだ。鳩山・小沢両氏率いる民主党の更なる餌食になるだけだ。

河野太郎氏や志ある若手議員は、こんな腐りきった党からは早急に出るべきだ。最早、自浄能力など微塵も感じられない老害党に居ては、政治家生命は短くなるばかりだ。自民党議員で本当に国を憂いている議員が居るならば、その人の居場所は自民党の中には無いことがハッキリした。

こんな茶番をするために、恥を忍んで首班指名で「若林氏」というただの両院議員総会長の名前を書いたのか?国会や国民を侮辱している。自民党議員や自民党員は恥を知れ。これが、国民の意識とずれているという事に気が付かない限り、自民党の再生は無いだろう。







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

*

今回の自民党総裁選は意味なかったですね。
どう見ても谷垣さんが当選する状態でしたし、今までも変わらないことを証明した感じでしたね。
若返りが必要といいつつ、結局は年寄りの言うがまま・・・このままでは政権を取り戻すことは難しいでしょうね

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/55-a8873771
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。