Homeスポンサー広告政治>八ツ場ダム報道の偏りを危惧する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ツ場ダム報道の偏りを危惧する

2009.09.23 Wed

八ツ場ダム予定地をきょう視察
午後に意見交換-前原国交相


前原誠司国土交通相は23日、民主党のマニフェスト(政権公約)通りに、中止を明言した八ツ場ダムの建設予定地(群馬県長野原町)を視察する。ダム本体の工事に必要な仮排水トンネルに続き、水没する地区の代替地を訪れ、国交省の担当者から説明を受ける。

同相は就任直後に同ダムの建設を中止すると表明。負担金を出している関係自治体や、建設推進の立場の地元住民は中止撤回を要請したが、同相は方針は変わらないとの姿勢で、さらに全国143のダム・導水路事業についても見直す方針を示している。

同日午後には長野原町内で地元住民と意見交換する予定。同相は中止を決定した経緯などについて説明する意向だが、住民側は「中止を白紙に戻さなければ出席しない」と強く反発しており、参加拒否の構えを見せている。 
(時事通信 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090923-00000009-jij-pol



ここより個人的感想



まだ、交渉が始まっていないので何とも言えないが、妥結点は、周辺住民への手厚い補償ということになるだろう。当然、国や役所に翻弄され続けた地元の住民の皆さんの心中は、穏やかではないだろう。

マスコミは、選挙中は一生懸命民主党を持ち上げておいて、新政権が出来上がった途端に地元住民の味方のふりをして、民主党が選挙前から示している公共事業の見直しを必死に叩いている。面白がっているとしか思えず、大きな矛盾を感じざるを得ない。信念の無いマスメディアは去るべきだ。現状、公共事業の見直し無くして、日本の財政再建はない。筆者自身は無駄な公共事業を積極的に見直すべきだと考えているが、まずはそれが「無駄」なのか「必要」なのかをきちんと見極めるべきであると考えている。住民への補償等も当然検討しなければ話にならない。

その意味では、前原国交相の現状の対応は評価出来ると思う。民主党政権はこのダムは必要ない無駄な公共事業と位置付けた。であるならば、現状の対応はベターだろう。その判断云々には賛否両論あって然るべきだが、その意見を現状のように偏って報道するのは如何なものかと思う。

現在のマスコミの意見は嘘と悪意に満ちていて、鵜呑みに出来ない。以前に出た国交省などの試算も然りだ。まず、中止した場合は工事続行の場合より費用が掛かるとされている点だが、それは工事費が現状のまま収まるという有り得ないケースでの前提においての試算だ。更に、現状7割完成しているとされる進捗状態にも大きな疑問点が出ている。諸々の詳細なデータについては「八ッ場あしたの会」のウエブサイトhttp://yamba-net.org/等をご覧いただきたい。こちらも全てを鵜呑みには出来ないが、少なくても今報道されている内容よりは詳細で一目を置く必要がある。ここをご覧の皆様は、双方の意見をお聞きになり、どのように感じられるでしょうか?少なくても報道番組の内容が著しく偏っている事にはご賛同いただけると思う。

今の報道は、地元の意見を紹介するという形で、中止を激しく牽制するという偽りの報道に終始している気がする。地元の人へのメリット・デメリット、周辺の県へのメリット・デメリット、そして国や国の財政に対するメリット・デメリットを正しく示し、その上での問題点をきちんと提起するのであれば報道として問題ないが、変な感情論ばかりを面白おかしく煽る今のワイドショー的報道には嫌気が差すばかりである。







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/52-856f3603
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。