Homeスポンサー広告政治>鳩山外交スタート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山外交スタート

2009.09.22 Tue

鳩山首相 米へ出発
…23日にオバマ大統領と初会談


鳩山由紀夫首相は21日夜、国連総会や主要20カ国・地域(G20)首脳会議(金融サミット)などに出席するため米国に向け出発した。22日午前(日本時間同日夜)に、ニューヨークでの国連気候変動ハイレベル会合開会式で、日本の温室効果ガス排出量削減の中期目標を「2020年までに90年比25%削減」と表明し、途上国の温室効果ガス削減支援などを含めた「鳩山イニシアチブ」を提唱する。

出発に先立ち鳩山首相は記者団に「日本の首相として、他の首脳に信頼いただけるよう、力まず自然体で臨みたい」と抱負を語った。在日米軍の再編問題など日米間の課題には「信頼関係の中で結論を出していく」と語った。

鳩山首相は24日昼(同25日未明)の国連総会でも演説し、オバマ米大統領の「核なき世界」構想への支持と、世界の非核化推進を打ち出す。23日午前(同23日夜)にオバマ大統領と初の日米首脳会談を行うほか、21日夜(同22日朝)に中国の胡錦濤国家主席、23日昼(同24日未明)にロシアのメドベージェフ大統領とも会談する。

鳩山首相に先立ち21日午前、岡田克也外相も米ニューヨークでの主要8カ国(G8)外相会議などに出席するため米国に向け出発した。21日夕(同22日朝)、クリントン国務長官との日米外相会談に臨む。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090921-00000013-maip-pol



ここより個人的感想


注文したい点は、下手に出すぎないこと。ただ、単に対米追従を強行に排斥するというのではなく、正しい主張を真っ直ぐ言える関係を構築する事だ。そして、今回の日米首脳会談で変に個別の話題を詰めすぎずに、11月のオバマ訪日に向けて布石になるような会談をして欲しい。ロシアや中国とは、個別に難しい課題もあるので、まずはそこを詰めすぎずにまずは信頼関係を構築すべきだ。その後、年末ぐらいから各懸案に取り組むべきだ。外交ではあまりに早急な結果を求めず、しっかり足を地に着けた姿勢で臨んで欲しい。国連やサミット等でのスピーチはあまり気負わず、打ち出した政策や姿勢を明確に示して欲しい。

パフォーマンスに終始せず、誠実な態度を世界各国に示して欲しい。あまり早急に結果を求めすぎると各方面に悪影響を及ぼすので、多くの人々に信頼感を与える事が、新政権の外交の第一歩だろう。






banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

*こんにちは

いよいよ外交デビューですね
政権交代で外交もどう変わっていくのか見守っていきたいです

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/51-5ae1961b
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。