Homeスポンサー広告政治>産経新聞の本音

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産経新聞の本音

2009.09.01 Tue

「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」
産経新聞
Twitter上での「軽率な発言」を謝罪


産経新聞社会部は8月31日、衆院選報道関連のつぶやきを更新していたTwitterアカウント「@SankeiShakaibu」で「軽率な発言をした」とし、Twitter上で謝罪した。

同アカウントには31日朝、「産経新聞が初めての下野なう」「でも、民主党さんの思うとおりにはさせないぜ。これからが、産経新聞の真価を発揮するところ」というつぶやきが投稿された。同社報道の中立性に対する疑問を招きかねない内容だったため、フォロワーなどから批判が相次いだ。

約半日後の同日夕方、同アカウントに「たくさんの厳しいご意見をいただきました。軽率な発言だったと反省しています。ご不快の念を抱かれた方には、お詫び申し上げます」という謝罪文が投稿された。

その上で、「産経新聞は、保守系の『正論路線』を基調とする新聞です。発言は、新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそうであったように、社会部として是々非々の立場でのぞみたいという意思表示のつもりでした」と釈明している。

Twitterを使った選挙報道は、「新聞という媒体だけでは伝えられない臨場感や現場の記者の思いを伝えるための試み」だったとし、「これまで同様に客観的な事実に基づき、中立的な立場に立った上で、公正な報道をするよう、さらなる努力をしていきます」としている。
(ITmedia http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0908/31/news122.html



ここより個人的感想


もう、発言するのも馬鹿らしいが、マスメディアとしての姿勢に大きな疑問を感じる。これは、産経新聞の本音なのだろう。別に民主党礼賛報道をしろとは言わないが、最初から敵意を持って報道することは大いに問題だろう。

産経新聞の言う、「保守系の『正論路線』を基調とする新聞」とは何だ?筆者は、今の産経新聞は極端に右傾化した意見を述べ、偽右翼や偽愛国主義者・ネトウヨたちを喜ばせ、リベラルな思想を叩くことを主軸とし、民主党にいわれのない批判を繰り返すだけの新聞だと感じている。それを「保守系の『正論路線』を基調とする新聞」と称するは間違っていると思う。本当の保守と極端な右傾化・敵視記事は絶対に違う。今の産経新聞は保守を名乗る事すらおこがましい「偽右翼の機関紙」「反民主の欲求不満の捌け口」でしかない。このまま行けば、産経新聞は報道機関として完全に死んでしまう。是正を要求する。

「産経新聞は、保守系の『正論路線』を基調とする新聞です。発言は、新政権を担う民主党に対し、これまで自民党政権に対してもそうであったように、社会部として是々非々の立場でのぞみたいという意思表示のつもりでした」と述べている。嘘つき極まりない。選挙中も自民を応援し、民主を敵視してきた新聞の言うことではない。産経新聞には過去の自身の行動を振り返る事と、自身の発言に則った行動は出来ない様だ。ただ、呆れるばかりだ。

ただし、民主党に肩入れしすぎな報道がこの数日多いのも事実だ。日本のマスコミは両極端な行動しか取れないのか。上がる者に乗っかり、下がる者を皆で一緒に完膚なきまでに叩き落とす。愚かしい事だ。もう少し、報道各社のマスメディアにおける良心と中立性、そして冷静さも持って欲しい。






banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク



スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

コメント

*

自分の立場がわかっていない発言ですね。
マスコミは平等に判断を下すべきですからね。
個人的に考えをもっていることはいいのですが、それが出てくるようではマスコミとしては不合格でしょうね。
これを教訓に今後の報道に期待したいですね

*NHK「日本の、これから」アンケート願い

突然のメール申し訳ありません。
NHKで「日本の、これから」という番組を担当してます伊藤賢司といいます。
「日本の、これから」は毎回ひとつのテーマについて様々な職業・年代の人が討論をする番組です。
現在10月放送予定の「政治」の準備に当たり、全国の方のご意見を伺っております。ブログを拝見しましてご意見を伺いたくメールいたしました。
お忙しいとは思いますが、よろしければアンケート御協力いただけますでしょうか。
番組HPからアンケートに参加頂けます。
その際、「伊藤宛」と一筆下さい。宜しくお願いします。

番組HP http://www.nhk.or.jp/korekara/

NHK「日本の、これから」ディレクター 伊藤賢司

*

「軽率な発言」を『謝罪』というのがあまりにもばかばかしい。
日ごろの産経新聞の論調をみれば確信の発言であろう。
ここは謝罪なぞせずに民主党政権打倒まで断固戦うぞ、とでも
言っておけば良かったのに。
ネット右翼連中の拍手喝采をもらえただろうに残念。

*こんにちは

別に、立場というか立ち位置を明確にすることは、悪いことではないとは思うのですが、最近の産経の記事には悪意が感じられます。

悪意を持って書かれた記事からは、建設的なものは生まれず、読者離れと起こしたり、読者を誤った方向へ導く恐れがあり、良い事は一つもないでしょうね。

困ったものです。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/43-a1009f89
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。