Homeスポンサー広告政治>終戦記念日に考えること

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦記念日に考えること

2009.08.15 Sat

終戦記念日
平和いつまでも
戦没者追悼式


64回目の終戦記念日を迎えた15日、政府主催の全国戦没者追悼式が東京都千代田区の日本武道館で開かれた。天皇、皇后両陛下や閣僚、政党代表、遺族代表ら約6000人が参列。首相として初めて出席する麻生太郎首相は、歴代首相と同様にアジア諸国への加害行為に対し反省と哀悼の意を示すとともに「国際平和を誠実に希求する国家として、世界から高い信頼を得られるよう全力を尽くす」と恒久平和を誓った。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090815-00000006-maip-soci



ここより個人的感想


まず、この戦争において犠牲になられた日本及び世界各国の全ての方々に哀悼の意を表したいと思います。このような方々の尊い犠牲の上に、今日の日本があることを心より思い、深く感謝致します。今後益々、日本が世界の平和のために貢献出来るよう、また唯一の被爆国として世界にその想いを発信出来るよう、切に願っております。

この時期に必ず問題として取り上げられるのは、靖国神社についてだ。

「靖国で会おう」と言葉を発し、旅立っていったご英霊の方々の多くが祭られている以上、日本国民の中でその存在は決して小さくないと思う。しかし、この国の象徴でいらっしゃる天皇陛下や天皇家の方々が、1975年以降から今日においてもご親拝を中止されている現状を見れば、それは戦没者慰霊施設の姿としては異様だ。そして、A級戦犯が合祀された事から、総理や閣僚の参拝があるたびに、中国や韓国との外交に支障をきたしている。この問題は様々な意見があるだろう。個人的には多くのご英霊の方々に拝する事は当然のことであると思うが、その都度外交上の停滞が生まれるのも事実だ。現状では、総理や閣僚の不参拝は現実的な対応として止むを得ないと考えている。本当の国益を考えると、不参拝を大きく責める事は出来ない。ただ、自らのお命を国のために捧げられた方々の気持ちを思うと、それも切なくなる。

麻生総理の不参拝や民主鳩山代表の不参拝思想・追悼施設構想などは、その色々な事情より出た一つの考え方であろう。受け取り方により、正解とも不正解とも言える。筆者の中でも正しいと思える結論は出ていない。直接戦争に触れなかった世代が増えてきた今だからこそ、あまり思考を偏らせずに、一生懸命考えることが必要だろう。






banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

コメント

*

「おバカ教育の構造」阿吽正望日新報道を読みました。
戦後、日本の教育が愚民化教育に変えられ、不登校、引きこもり、ニートを作るようになった仕組みがハッキリ分かりました。
知識社会と言われる現代、愚民化教育を行う封建政権と言える自民党を支援すれば、国が滅びます。
靖国参拝など時代錯誤です。
時代がどのように変化しているかを知れば、狂信思想を相手にしている暇はないはずです。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/34-d030cd5d
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。