Homeスポンサー広告政治>衆議院解散で思うこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆議院解散で思うこと

2009.07.21 Tue

衆議院を解散
政権を賭けた戦い始まる


衆院は21日午後1時に開会した本会議で、河野洋平衆院議長が冒頭に解散詔書を読み上げ「憲法7条による衆院解散」を宣言、解散した。政府は、直後の臨時閣議で「8月18日公示-30日投開票」の選挙戦日程を決定し、平成17年9月の郵政選挙以来、ほぼ4年ぶりの政治決戦がスタートする。自民、公明両党の連立政権の継続か、民主党を中心とする新政権が誕生するのかが最大の焦点だ。8月の衆院選は戦後初めてとなる。
(産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000551-san-pol



ここより個人的感想


やっと国民は政権党を選択することが出来る。

自公政権を選ぶのか、
民主・国民新・社民を中心とした政権を選ぶのか、
それ以外の政党を選ぶのか。

多くの有権者は自公政権は下野すべきだと考えている。
先だっての地方選はその結果だろう。
ただ、民主に任せていいのかとも感じている。
その両方を天秤に掛けて、
多々の不安はもちろんあるが、
それでも自民党を排除することが先決だと感じ、
政権交代をすべきだとの意見が多い。

順序を考えてみよう。
①まず、自公政権を下野させる。
②民主党を中心とした政権を作り、
やれるところまでやらせてみる。
③民主党政権に行き詰まり感が出るのであれば、政界の再編も。
現状、この順序が正しいと思う。

まずは、自公を政権から離れさせる。
これこそが大事だ。
でなければ、現状の官僚・役人主導の政治を打破できない。
政権交代することによって、癒着を打破出来るのだ。
その為には、民主党中心の政権を建て、
自公を完全に下野させなければ始まらない。

自公政権の中で一番問題なのは、
自民党という組織がもはや政権党として機能していないことだ。
こんな党が政権を担っていれば、
どんどん悪循環に陥っていく。
公明党と連立を組んでいる事も問題だ。
政治の独立性が損なわれている。

その為には、民主や国民新・社民・新党日本などの勢力に一定の議席を与え、
確実に政権交代を成し遂げることだ。

よく第三極を目指すとか、
新党を結成するのではという話が出ている。
これらの勢力を支持することは、
自公政権を援助することになりかねない。
(本ブログ7/14参照 http://turffan.blog54.fc2.com/blog-entry-17.html
今回の選挙で支持すべき層だとは思えない。

もちろん各党のマニフェストを参照し、
見比べることも必要だ。
ただ、まずは政権党を大きな枠組みで考えることが先決ではないだろうか。

民主党は今回の選挙で追い風だといわれている。
民主党議員は浮かれている場合ではない。
あと選挙まで40日もあるのに・・・。
これほど怖い報道はない。
40日もあるのだ。
戦況は一気にひっくり返ることもある。
選挙は水物だ。
もう一波乱起きてもおかしくはない。
十分注意することだ。

特に近頃の岡田幹事長のPRの仕方には大きな疑問を感じる。
せっかく「子ども手当」などの有用な政策を打ち出したのに、
きちんと説明できないとはどういうことなのか。
議論で突っ込まれたくらいなんだ、
冷静になって、
政権を取った時の練習ぐらいに思って受け流して、
冷静に正しく伝える努力をして欲しい。
また、鳩山氏も岡田氏も余計な発言はしないことだ。
あなた方は野党の広告塔ともいえる立場にある人だ。
その事を認識して発言して欲しい。

今回の選挙は投票までの期間が長い。
有権者は色々と注視し、
過剰なお祭り報道に惑わされず、
投票行動を起こすべきだ。







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク
スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/22-8f024a4c
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。