Homeスポンサー広告政治>完全な追い込まれ解散

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完全な追い込まれ解散

2009.07.13 Mon

<衆院選>
首相、与党大勢に妥協 
8月30日投票



麻生太郎首相が13日、衆院選の日程を7月21日にも解散-8月30日投票と決めたのは、内閣支持率の低迷する中、可能な限りの先送りを求める与党内の大勢と、「麻生降ろし」に対抗するため早期の解散に踏み切りたい自身の事情との妥協点を探った結果だ。

首相は12日投票の東京都議選直後に解散し、8月上旬投票とする日程を模索していたが、都議選で自民党が惨敗し「このまま衆院選に突入すれば自民党の大敗は免れない」との見方が党内に広がった。都議選から衆院選までの期間を長く取りたい公明党はもともと8月下旬以降の投票を求めており、与党内の反発を覚悟で早期解散に踏み切れば、かえって首相退陣論に火がつきかねない状況だった。

ただ、国会会期末(7月28日)ギリギリまで解散を先送りすれば、党内の反麻生グループに「麻生降ろし」の猶予を与えることになる。衆院選は解散から40日以内に投票しなければならないため、8月30日に投票日を設定したうえで最大限早められる解散日が7月21日だ。

しかし、主要地方選で連敗の続く自民党にとって8月30日の投票までに態勢を立て直せる見通しがたっているわけではない。自民党の派閥領袖の一人は「時期で慌てることはない。ただ、時間があり、党内のごたごたが心配だ」と警戒。中堅・若手には「都議選に惨敗した直後に解散日程を決断するなんて、自民党を解体させる気か」と麻生首相への不満がくすぶり、次期衆院選に向け党内が一枚岩になれるかはなお不透明だ。早期の衆院解散に警戒感を強めていた公明党は「以前から8・30を主張していたので、結果的に良かった」(幹部)と安堵(あんど)感が漂った。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090713-00000047-mai-pol



ここより個人的感想


なんとも自分の意思が押し通せない感じだったが、
麻生総理はようやく解散の意思を固めたようだ。
まあ、都議選にこれだけ惨敗すれば、
他に選択肢は実質無い訳ですけど・・・。

ただ、日程は任期満了の約一週間前。
公明党に最大限配慮した日程だ。
おそらく総理自身の考えでは、もっと早くに選挙をしたかったはずだ。
しかし、公明党は早期の解散総選挙を避けたかったので、
解散の閣議書への署名拒否までちらつかせて、
8月30日投票を勝ち取った。
脅したのは正解だったわけだ。

ただ、麻生降ろしを牽制する為、
解散はなんとしても早期に決める必要があった。
自分が総裁として選挙に臨む為に。
ただ、それでも降ろされる可能性はまだ十分にある。

また、参院での問責決議が通ると、
参院での国会運営が困難になる。
その後も国会を開き続けるのは、
麻生氏に更にとって大きなダメージになるとも考えられる。

今回の件を総合してみると、
完全に「追い込まれ解散」だと感じる。

麻生氏自身の身分を守るためには、
ここで解散を決断するしか道はなかった。
しかも投票日は公明のいいなり。
もはや、自身の戦略や政治眼はどこにもない。
袋のネズミである。

与党には、
今日提出される内閣不信任決議案を粛々と否決し、
麻生内閣を信任してもらおう。
有権者は冷ややかな目で見ているだろう。
これにより、自民党もまた、追い込まれていくはずである。
有権者の結論は既に出ている。
良識ある有権者によって、
自民党は下野させられる可能性が高い。






banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク
スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/16-88017d38
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。