Homeスポンサー広告政治>民主党執行部の愚かな09マニフェスト放棄

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党執行部の愚かな09マニフェスト放棄

2011.07.23 Sat

民主党の岡田幹事長が09マニフェストの大幅な見直しを示唆する発言を行い、現閣僚や執行部のメンバーがこれを歓迎するような発言をしている。

これに対し、民主党内の小沢一郎氏・鳩山由紀夫氏に近い議員達は大いに反発している。当然の事だ。

私は、この現民主党執行部や閣僚の姿勢に憤りを隠す事が出来ない。現執行部達は民主党が国民とした約束を実行しようとする努力さえおこたり、これを堂々と放棄しようとするという通常では考えられないような愚行に出た訳だ。こんな事が許されるわけが無い。ましてや、岡田氏は政権交代時の幹事長でもあった。酷いとしか言いようが無い。

そもそも、予算の組み替えや行財政改革をせずに民主党の09マニフェストが履行出来る訳が無い。官僚や既得権の抵抗を恐れ、官僚に歓迎される安易な増税路線に走ってしまった現政権の恥ずべき末路としか言いようが無い。

09年に民主党に期待して投票した国民とて、全てがマニフェストどおりに履行出来るとは思っていないだろう。だが、09マニフェストの根幹である予算の組み替えや正しい政治主導が少しでも行われれば、一定の効果が出る事は明白である。民主党がずっとキャッチフレーズにしていた「国民の生活が第一。」の根幹になる訳である。しかし、予算の組み替え・行財政や制度の改革・特別会計への切り込みなど最優先で必要な事柄のすべてが特に菅内閣になってから止まってしまっている。そしてぶち上げられた消費増税、究極の増税論者である与謝野馨の閣僚起用。現状の菅政権は、以前の自公政権を超える最悪の政権に成り果ててしまっている。

国民との約束である09マニフェストを放棄するというなら、まず民主党の代表選を行い党内の総意を得、そして放棄を論じる者が代表に選ばれたとするなら、この事を衆議院の解散総選挙で国民に信を問わなければならない。現状のまま、党内や国民の信を得ないで現執行部が09マニフェスト放棄を推し進める事は絶対に許されない。勝手にこれを推し進める菅や閣僚・執行部は職を辞すべきだ。

今後、党内より09マニフェスト放棄に異を唱え、現執行部を打ち倒し、09マニフェストの根幹である正しい政治主導・予算の組み替え等を真摯に履行しようと行動する議員の方が新たな執行部を築く事を心から願っている。これが出来ないのなら、小沢氏はじめ志ある議員は民主党を出て正しい政治行動を取るしかない。




(ご紹介)
ツイッターでは、毎日つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan



当ブログは、検察による不当な捜査により無実の罪を着せられ戦い、無罪を勝ち取った村木厚子さんを応援しております(通称障害者団体向け割引郵便制度悪用事件)。また、同時に村木さんの社会的な名誉回復も応援しております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
竹中ナミさんによる「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」HP







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク


 

スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/140-2b1b3db7
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。