Homeスポンサー広告政治>小沢氏の秘書初公判で見えた検察の捏造体質

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏の秘書初公判で見えた検察の捏造体質

2011.02.08 Tue

昨日、民主党の小沢一郎氏の元秘書大久保隆規、石川知裕、池田光智の三氏の初公判が行われた。全て取り上げたいのはやまやまだが、それではきりがないので、検察の冒頭陳述と石川議員側が証拠提出した聴取の録音記録について述べたいと思う。

検察の冒頭陳述では、土地購入に充てた4億のうち胆沢ダム工事に関する共同企業体の幹事会社に選定されるよう水谷建設からの闇献金があり、これの露見を避けるために政治資金規正報告書の虚偽記載に至った事になっている。また、その事を小沢氏にも報告し了承を得ていたという事になっている。

しかし、よく考えれば、この冒頭陳述はかなりおかしい事に気付く。胆沢ダム云々が事実として立証出来るのであれば、この公判は収賄や利得に関する公判でなければおかしい。しかし、本公判は政治資金規正法の虚偽記載案件の公判である。はっきり言ってしまえば、資金の出処を立証する必要は無いのである。記載が虚偽である事さえ立証出来ればいいのに、なぜ、立件すら見送った水谷の胆沢ダム云々を立証しようというのか。理解に苦しむ。

現状、水谷の件は証拠がほとんど無いといわれている。本公判にあたり、水谷の闇献金云々の唯一の根拠となっているのは、水谷元会長の脆弱な証言のみである。しかも、この調書は水谷元会長が収監中に聴取を受け作成されたものであり、調書作成者はあの前田元検事である。実際、検察が述べている石川氏が現金を受け取ったとされる現場ややりとりには疑問が多く残る。まず、本当にその日、会長の指示で社長がそのホテルに行ったのかどうか?また、5000万という大金を公衆の面前でやり取りするのか?およそ5キロ近い現金を目立たずに紙袋で持ち運び出来るのかなど疑問が大きい。検察は、大手ゼネコンに対して強制捜査を行ったにも係わらず、証拠は一切出てこなかったのだ。これでは、水谷元会長や水谷が証言を翻したり、小沢氏側にお金が渡ったという確固たる証拠が無ければ全く意味の無い話となってしまう。もっとも、そんな証拠があれば、収賄や利得で立件しているんだろうけど・・・。

それにもかかわらず、検察はなぜ水谷の件をわざわざ冒頭陳述で述べ、立証しようというバカな所業に出たのか。自身らの捜査は間違ってなかったという捏造にしか見えない。これは推測だが、既に負け戦濃厚なので、マスコミの為に小沢氏に対するイメージダウン報道を少しでもやってもらうための材料を提供しているだけなのではないか?また、水谷の件があったので特捜としては長期間捜査せざるを得なかったという馬鹿げた保身を主張するための詭弁では無いだろうか?本当に公判で勝利を得ようとするのであれば、このような馬鹿げた冒頭陳述はしない。だが、これを本気でやっているとすれば検察(特に特捜部)はすでに常軌を逸した集団であることを自ら白日の下に晒してしまったようなものだ。どのように立証するのか、甚だ疑問だ。確固たる新たな証拠も無くこのような戦略を選んできているとすれば、検察は狂送集団というほか無い。もっとも、検察にはマスゴミという最大の協力勢力も居る。法廷で水谷元会長に「渡した」と証言させ、世論に訴えるという卑劣な手段を取る可能性も高い。

検察の冒頭陳述は今回のように自分達の捜査を正当化しようとするものが少なくない。特に特捜案件の公判においてはほとんどがそうだ。しかし、近年特捜のこの姿勢が多くの冤罪を生んでいる。今回も特に酷いものだと私は考えている。

次に石川議員側が証拠提出し、昨日明らかになった聴取録音記録についてだ。石川議員の保釈後、検察官からの再聴取の模様を録音したものなのだが、この記録内の検察官が酷い。

The Journal様にこの録音記録の書き下ろしファイルPDFがあるので下記で確認していただきたい。
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/02/post_732.html

大きな点は4つ。まず、執拗に小沢氏に報告・了承したという供述の維持を求めている点。そして、小沢氏の検審による起訴をほのめかして供述維持をせまり脅迫している点。さらに、供述を変えて徹底抗戦したら再逮捕もあると脅している点や、水谷云々に証拠は無いということまで明言している。

この録音記録を見る限り、明らかな供述の誘導があったように見える。あきらかに最初の供述の調書は、検察によるストーリーありきの強要捏造調書であることが推測される。今後の公判の行方も注目して見守ってゆきたい。



(ご紹介)
ツイッターでは、毎日つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan


当ブログでは下記の署名活動を応援しています。
皆さん、ご賛同の上、署名活動にご協力下さい。
【小沢一郎議員の民主党議員としての地位保全を求める署名】
http://www.shomei.tv/project-1619.html


当ブログは、検察による不当な捜査により無実の罪を着せられ戦い、無罪を勝ち取った村木厚子さんを応援しております(通称障害者団体向け割引郵便制度悪用事件)。また、同時に村木さんの社会的な名誉回復も応援しております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
竹中ナミさんによる「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」HP







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク



スポンサーサイト

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

コメント

*国民の生活が第一は人づくりにあり

事前承認なしで転載さして頂きますが、不承知の場合ご連絡頂ければ直ちに削除致します。よろしくお願い致します。

*

声なき声の願い 様

わざわざのご連絡、誠に有難う御座います。
先日より拙ブログをご紹介いただき、光栄です。
貴ブログ並びに記事を拝見させていただきましたが、内容等に大変感心しております。転載等は問題が御座いませんので、以後もトラックバックさえ送っていただければご自由にお使いいただいて結構です。拙文がお役に立つかどうか分かりませんが、今後ともよろしくお願い致します。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/132-1a7d6581
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)

*陸山会事件は村木元厚労省局長事件と同根で「国民の生活が第一」にとって許されることではない

少し前の新聞記事だが、日経新聞1月28日(金)の「社会」ページに、村木元厚労省局長事件の顛末と検察の問題点が指摘されている。その記事の見出しだけでも、村木さん事件そしてこの国の検察による取り調べの問題点と「犯人でっち上げ」の被害をなくす焦点が分かるので挙

*小沢元代表秘書の起訴は村木元厚労省局長事件と同根で「国民の生活が第一」にとって不当な公判だ

少し前の新聞記事だが、日経新聞1月28日(金)の「社会」ページに、村木元厚労省局長事件の顛末と検察の問題点が指摘されている。その記事の見出しだけでも、村木さん事件そしてこの国の検察による取り調べの問題点と「犯人でっち上げ」の被害をなくす焦点が分かるので挙

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。