Homeスポンサー広告政治>小沢氏強制起訴は不当

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏強制起訴は不当

2010.10.04 Mon

小沢一郎氏の案件を審査していた東京第5検察審査会は4日、政治資金規正法違反(虚偽記載)罪で告発され、嫌疑不十分で不起訴処分となった平成16、17年分の虚偽記載容疑について、「起訴すべき」(起訴議決)と判断した。

以前から私は、この件を検証し、小沢氏の政治資金の問題の本質は、政治資金収支報告書(帳簿)の不動産購入についての記載の時期が数ヶ月ずれていたかそうでないかというだけの話であることを述べている。金を隠しているわけでもなく、キチンと登記した月に帳簿に記載している氏の報告書は間違っているとは考えずらい。仮に間違っていたとしても、過去の議員のケースでは、通常「修正」のみで済んでいる程度の案件だ。とてもじゃないが、秘書を3人も逮捕して取り調べるような内容ではない。
(詳しくは下記の拙ブログ記事をご覧下さい。)
7/16「小沢氏の「不起訴不当」は不当」
5/7「小沢氏起訴相当議決を考える(検察審査会)」
2/9「世論調査というマスコミの暴力」
2/4「小沢氏不起訴と検察の言論弾圧?」
2/2「小沢一郎を護れ」
1/28「検察とマスコミに正義などない」
1/23「小沢氏はきちんと説明した。次は嘘つき検察とマスゴミの番だ。」
1/22「嘘つき検察の断末魔」
1/19「説明責任という名の魔女裁判」
1/15「不当逮捕に大きな憤りを感じる」
1/13「常軌を逸した特捜部の強制捜査」
1/12「小沢を叩き続ける検察とマスコミの異常さ」
1/9「小沢氏・4億円貸付不記載は捏造?」


官僚組織と菅側近の仙谷官房長官らは完全に小沢氏を潰しに来たのだろう。菅政権の失政から国民の目を背けさせるために・・・。もちろん、小沢氏が憎くて仕方が無いマスコミも全面協力だ。小沢派は結束して小沢氏を護らなければならない。

今後、小沢氏の戦いの場は公判となる。しかし、この検察はじめ官僚組織・マスコミ・民主党内の反小沢派の常軌を逸した行動は、法治国家の根幹を既に破壊しつくしている極めて危険な行動の数々だ。多くの国民は、小沢氏=悪のイメージ操作により洗脳されている。この問題の本質的な恐ろしさを理解していない。こんなことがまかり通るのなら、検察や警察に目を付けられた人は、検察か検審によって必ず起訴される世の中になってしまう。今の日本では起訴=犯罪者のイメージである。マスコミ天国や検察天国である現状のこの流れを変えなければならない。

裁判では、この内容では無罪になることが濃厚だろう。しかし、政治生命が削られることは否めない。マスコミのバッシングも加速しダメージを与えるだろう。早く、濡れ衣を晴らして政治活動に邁進して欲しい。


(ご紹介)
ツイッターでは、平日毎日つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan


「無罪確定・ご復職おめでとうございます!!」
当ブログは、検察による不当な捜査により無実の罪を着せられ戦った村木厚子さんを応援しております(通称障害者団体向け割引郵便制度悪用事件)。また、同時に村木さんの社会的な名誉回復も応援しております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
竹中ナミさんによる「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」HP







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク
スポンサーサイト

テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

コメント

*

いつも日記、ツイッター拝見させていただいています。

こんなことがまかり通る国になってしまったことが怖い。

マスコミに洗脳されている人々の多いこと。

まともな結果がでることを願っています。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/124-4904b7c4
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。