Homeスポンサー広告政治>再びトンネルに入った日本の政治

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再びトンネルに入った日本の政治

2010.09.14 Tue

民主党の代表選の投開票が行われ、菅直人氏が小沢一郎氏を下し再選を果たした。

拙ブログは小沢氏以外にこの日本を率いるのは難しいと考え、小沢氏の代表就任を支持していただけに、心より残念に感じている。何より、国会議員票が勝ち馬に流れてしまったのは本当に残念だった。

今後の菅政権は官僚へのより一層の依存を深化し、その意向により自民党に擦り寄り「増税・大企業優遇」「対米従属」「官僚・記者クラブメディア至上主義」をより強めていく事が予測される。さらに、仙谷官房長官や官僚の意向で小沢氏本人や側近議員への冷遇・粛清人事が行われることが容易に考えられる。

「脱官僚」「政治主導」を掲げて政権交代を成し遂げた民主党。しかし、今現在、菅氏率いる政権は自民党政権より問題のある官僚主導政権となってしまった。本当に心が痛い。

また、官僚組織とメディアの力もまじまじと見せ付ける結果となった。周到に練られた何年にも及ぶ小沢バッシング報道により、虚構の「政治とカネ」問題で小沢氏にダーティーなイメージを徹底的に植えつけることに成功。官僚機構のシナリオどおりに小沢氏へのダメージを存分に植えつける事が出来た。日本は所詮、未だに官僚とマスコミの支配する国であることを証明してしまった。今後、更に、小沢氏が今後再起出来ないように、官僚組織やメディアからの更なる小沢氏への不当な圧力が予測される。日本の政界の至宝である小沢一郎氏を何としても守り通さなければならない。

今日の代表選の結果を受け、しばらくは菅政権による「官政権」が続くことになる。日本の政治は、しばらくは暗いトンネルに入ることになるだろう。

しかし、真の「政治主導・脱官僚」、そしてメディアの官僚支配・既得権からの脱却への道はまだ閉ざされた訳ではない。小沢氏の力もまだまだ必要だろう。今後も、ネット上の心ある同士の皆さんと共に、諦めずに訴えていきたい。






(ご紹介)
ツイッターでは、平日毎日つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan


「無罪判決おめでとうございます!!」
検察の控訴に断固反対!!
当ブログは、検察による不当な捜査により無実の罪を着せられ戦っている村木厚子さんを応援しております(通称障害者団体向け割引郵便制度悪用事件)。また、同時に村木さんの適切な職場復帰・社会的な名誉回復も応援しております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
竹中ナミさんによる「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」HP







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/123-cc35ca8d
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。