Homeスポンサー広告政治>代表選中の様々な出来事考

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

代表選中の様々な出来事考

2010.09.09 Thu

民主党の代表選が始まって、小沢一郎氏と菅直人氏の双方の陣営の動きが活発化している。これは大変結構な事だが、小沢一郎氏の陣営を襲っている様々な出来事について考えたい。

主な出来事は以下の通り。

1.小沢支持派の高松議員陣営が投票前の用紙の回収疑惑。
2.小沢一郎氏の第五検察審査会の審査開始報道。
3.中島正純議員の資金問題報道(中島氏は小沢支持の樽床氏に近い)
4.小沢氏と近い鈴木宗男氏の上告棄却、収監の報。
5.小沢氏と青木愛議員の不倫疑惑報道。
6.小沢氏秘書と青木愛議員の不倫疑惑報道。


詳細は各自詳しくお調べいただければと思いますが、皆さん、どう感じられますか?正直、タイミング良過ぎでしょう。2と4については、なぜこの時期にという印象が強い。官僚の思惑で司法が政治に介入しようとする姿勢は感心しない。1については、高松氏や事務所も、記事のようなコメントを記者に話した覚えは無い事を述べており、毎日新聞記者による捏造が疑われる。3については、事実関係がはっきりしないが、この時期に早急に執行部から離党に追い込まれると言う事を考えると、意図的なものを感じざるを得ない。5と6についてははっきりいってどうでもいい。政治家の能力さえしっかりしていればと私生活の行動は関係ない。両方の情報が一緒に出てくる事で、逆に作り物の感じさえさらけ出してしまっている気がする。マスコミの小沢バッシングの一貫であり、気にする必要は無い。


これらの諸々のことから感じ取る事は、菅氏の側近・官僚・マスコミそしてそのバックに居る某国は、何が何でも「小沢政権誕生」を阻止したいとの思惑が見て取れる。全ての報道が小沢氏にダメージを与えようとするものでしかない。こんな事が許され続けていい訳が無い。小沢氏のいう「自立」が浸透すると、今まで国民を騙してきた勢力は力を失う。故に、全てにおいて「自立」を推し進める小沢氏は彼らにとって害悪なのだ。自分達の既得権と支配体制・報道統制を維持する為に・・・。しかし、国民にとってはそれは望ましいことではない。だから、小沢一郎氏はこの呪縛を解放する為に立ち上がったのだ。

官僚支配、某国従属、マスコミ至上主義、冤罪天国のこの国を変えるには、小沢一郎氏を総理とし、これらを打破していくしかない。官僚に取り込まれ、側近が謀略の限りを尽くす菅氏を当選させる事はあってはならない。小沢氏を力強く支持していく事こそが、政治面でも経済面でも国民の益になる事なのだ。







(ご紹介)
ツイッターでは、平日毎日つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan

当ブログは、検察による不当な捜査により無実の罪を着せられ戦っている村木厚子さんを応援しております(通称障害者団体向け割引郵便制度悪用事件)。また、同時に村木さんの社会的な名誉回復も応援しております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
竹中ナミさんによる「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」HP







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク


スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/120-9f3ea0ce
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。