Homeスポンサー広告政治>小沢氏の出馬の可否は?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏の出馬の可否は?

2010.08.31 Tue

民主党代表選について、昨晩、鳩山・菅会談が行われ、挙党態勢について話し合い、トロイカ体制(菅直人首相・鳩山由紀夫前首相・小沢一郎氏+輿石参院議員会長)で政権運営をしていくことで合意したようだ。また、今日にも小沢・菅会談が行われ、挙党態勢や今後の政策等について話し合いがもたれると見られている。

正直、小沢一郎氏はきっちりと代表選に出馬し、雌雄を決したほうがいいと思う。ただ、今後の政権運営で行き詰った時の切り札として小沢氏を温存するという考え方も分からなくは無い。

小沢氏は、キチンと自分達が約束したマニフェストを履行出来る体制ならば、自身のポストにこだわっていないと思うが、菅内閣が現状のまま進む事に関して危機感を覚え、マニフェストを履行する為ならと自身の出馬決意に踏み切っているのだ。

問題は、たとえ今回小沢氏と菅首相が挙党態勢面で合意を見たとしても、政策をどうしていくのかをきちんと詰めなければ、また財務官僚の言うままの政治が行われる事になる。消費税の考え方や財政の考え方も両者は違う。最近の菅氏の言動をみていると、どうしても信用できないような気持ちになる。この点が是正出来ないのであれば、小沢氏は正々堂々と打って出、どちらが勝利したとしても。代表戦後にトロイカ体制を築いたほうが遺恨は逆に残らないのではないか。どうも、菅氏の行動は、追い詰められてのその場しのぎのように感じる。もちろん、菅氏が小沢氏の政策と要求を受け入れ、マニフェストを誠実に履行するのであれば、反対する理由は無いのだが、現状、すぐ元に戻ってしまうような気がしてならない。

私自身は菅氏も小沢氏も、代表選に負けても離党する事はないと感じる。どちらかの勢力が離党すれば、その時点で民主党は野党に転落する可能性もあり、衆院で大多数を持つ政権与党をわる必要は無い。割れる割れるという人たちは、割って欲しいと考えているマスコミや野党のプロバガンダに影響されているのではないだろうか。だったら、いっそきちんと対決していったほうが、選挙もせず談合で決めたという印象にならずによいのではないだろうか。

ただ、気になるのは、官僚やマスコミの反応だ。今回の代表選の報道での小沢叩きは常軌を逸している。恐らく、官僚やマスコミが小沢首相誕生を何が何でも阻止しようとしている表れだろう。首相になるよりは、まだ一閣僚や党幹部のほうがましだと、何とかして菅氏に小沢出馬を断念させるように仕向けているようにさえ見える。その為に、仙谷氏の金銭スキャンダルを報じ、首を差し出さざるを得ない状況を作っているのだと思う。官僚やマスコミがそう望んでいるのであれば、その逆にしたほうが良い。甘い誘い水のような気もする。それも考えると、やはり、小沢氏は出馬して正々堂々と意見を述べたほうが良いように思う。

なににせよ、今日行われるとされる小沢・菅会談の行方を注視したい。






(ご紹介)
ツイッターでは、平日毎日つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan

当ブログは、検察による不当な捜査により無実の罪を着せられ戦っている村木厚子さんを応援しております(通称障害者団体向け割引郵便制度悪用事件)。また、同時に村木さんの社会的な名誉回復も応援しております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
竹中ナミさんによる「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」HP







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/115-900d0b33
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)

*08/30のツイートまとめ

canada_nihongo 小沢代表当時の資金配分は「適正」…枝野幹事長http://www.yomiuri.co.jp/feature/20100806-849918/news/20100830-OYT1T00965.htm 08-30 23:32

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。