Homeスポンサー広告政治>民主の参院選敗北を考える

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主の参院選敗北を考える

2010.07.13 Tue

菅直人首相率いる民主党が、参院選で獲得議席が44議席という惨敗を喫した。菅代表・枝野幹事長はじめ現執行部の責任は大変重い。

各党の獲得議席は以下の通り。
民主 44
国民新 0
自民 51
公明 9
みんな 10
共産 3
社民 2
たち日 1
改革 1

そして、今回の改選を受けての参院勢力は以下の通り。
民主 106
国民新 3
自民 84
公明 19
みんな 11
共産 6
社民 4
たち日 3
改革 2
幸福 1
無所属 3


言うまでも無く、与党系で過半数割れである。なぜ、民主党はここまで惨敗したのか?
原因は幾つかあると思うが、私が感じる大きな原因は以下の通り。

1.菅首相や現執行部の唐突な消費税発言。
2.現執行部の選挙区の状況分析の甘さ、詰めの作業の怠慢。
3.あまりにも「鳩山政権」と現政権の姿勢が乖離しすぎた為。
4.マスコミの誘導。

1については言うまでも無い。今まで通り、無駄の削減と仕分けを訴えれば良かったのだ。官僚に言われるがままに消費税発言、しかも税率にまで言及するというお粗末さで、有権者に「増税」というイメージを植え付けてしまった。議席数を伸ばした自民党も同じ事を訴えていたのだから「消費税」が原因ではないという方も居るようだが、野党が主張するのと政権与党が主張するのでは意味が違う。政権党が無駄削減より消費税にシフトしてしまったという印象を与えたので、有権者は民主党から離れたのだ。

2について。現執行部の選挙下手が選挙区、特に僅差で落とした選挙区について大きな責任があると思う。民主党は小沢前幹事長の下、2人区にも候補者を二人立てるという「複数擁立」を全2人区で行った。執行部幹部や北澤防相などがこの戦略のせいで敗北したなどと馬鹿げた事を言っているが、2人区で当初懸念された「共倒れ」(二人とも落選)という選挙区はなかった。これは見事なものだ。しかも、2人目の候補を擁立したおかげで、今までの支持者ではない有権者を掘り起こすことが出来た。これが、比例区の票に出ている。比例は18→16とそこまで負けていない。2人擁立していなかったら、もっと減っていた(12~13くらいか?)可能性が高い。問題は選挙区の選挙戦中の応援の仕方。僅差のところやもう少しで勝てそうなところに重点的に支援しなければ意味が無い。特に栃木、徳島、熊本、山形、福井、鳥取の一人区は勝てた選挙区。これに勝っていれば、一人区は五分になっていた。更に、神奈川、千葉の3人区も上手くてこ入れすれば2人取れていた選挙区だった。選挙区の情勢は逐次変わるので、その場その場での適切な対処が必要だった。それが、現執行部には全く出来ていない。更には、現職優遇の為、小沢氏の立てた2人目の候補を中央幹部や県連が冷遇したり邪魔したりする始末。空いた口が塞がらない。選挙も党運営も小沢氏を排除すれば民主党など赤子の手を捻るよりも簡単に自滅していく政党なのだ。

3について。昨夏の政権交代は、鳩山・小沢両氏の民主党に国民が大きな期待をして実現した。「無駄の削減」「政治主導」「脱官僚」などのスローガンで有権者は大いに支持をした。しかし、現在の菅政権はその原型を留めていないように見える。政権交代の立役者である小沢一郎氏を排斥し、小沢氏の入る前の「オリジナル民主党」に回帰したつもりらしいが、それはすなわちあの弱々しく政権交代など夢のまた夢だったころの民主党に戻るということだ。しかも、菅首相は官僚に完全に取り込まれ、党内議論もせずに「消費税」発言を繰り返す。これでは「脱官僚」「政治主導」には到底見えない。昨夏支持してくれた有権者が離れたのも道理だろう。

4について。これは相変わらずの事ではあるが、昨年の小沢鳩山バッシングより続くネガティブキャンペーン報道の賜物である。そして、マスコミのみんなの党への過剰なサービス。これが、うそっぱち政党であるみんなの党への偽の過剰な期待を生んだ要因だろう。



この参院選の結果を受けた民主党現執行部の現状の対応は異常そのものだ。菅首相が執行部幹部の留任を早々に示唆、これを受け、枝野幹事長はじめ幹部が続々と続投宣言。挙句の果てには、神奈川選挙区で落選した千葉景子法相を続投させるという常軌を逸した判断をする始末。民意でNoと言われた閣僚を続投させるなどありえない事だ。少なくても、この選挙の総括、千葉法相の交代と選挙の責任者である枝野幹事長・安住選対委員長の更迭は行うべきである。これが出来ないのであれば、民主党現執行部から、有権者の心は離れていくばかりだろう。




(ご紹介)
ツイッターでも、色々つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan








banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク


スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

コメント

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/110-2539655c
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。