Homeスポンサー広告政治>鳩山首相辞任のシナリオライターを推理してみる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳩山首相辞任のシナリオライターを推理してみる

2010.06.03 Thu

鳩山由紀夫首相の退陣意向が発表、併せて小沢一郎民主党幹事長はじめとする党幹部の総退陣も決まった。マスコミではどのように言われているかというと、以下のような事が主に見出しにされている。

「小沢と抱き合い心中した鳩山」
「幹事長辞任を突きつけた鳩山」
「小鳩崩壊」

鳩山氏がぶら下がりで話した事をさも事実のように報じて、小沢叩きに奔走している。ただ、一連の流れを見ていてどうしようもない違和感に気付いた。本当にそうなのか?疑問を持たざるを得ないことがいっぱいあった。

以下に書くことはあくまでも私の推論・予測です。事実かどうかはわかりません。それを承知の上、ご覧下さい。
(ツイッターで昨日つぶやいた内容の詳細です。)


違和感をまず、箇条書きにしてみる。
1.練りこまれた鳩山氏の演説
2.演説内で自分と小沢氏と小林議員にあえて触れる。
3.あえて誤解を受けるのを覚悟の上で「国民が聞く耳を持たなくなった」という表現を使ったこと。
4.演説・閉会後の鳩山氏と小沢氏の握手とその時の表情。


簡単にあげると以上の4点。
まず、1の演説の内容だが、とても昨日今日作ったものとは思えない。
2の「政治とカネ」を自分からクローズアップさせる。自分から痛いところに触れるからには、理由があるはず。小沢氏を引きずり降ろす為にわざわざ言ったという考え方も出来るが、そうではないのではないかとも思える材料が4。
3は後ろの言葉を切られれば、「聞かない国民が悪い」と受け取られかねないこの言葉をあえて使った。この意図は何か?
4だが、突然2の部分の演説を聞けば少なくても動揺や反応があるはず。しかし、小沢氏は微動だにせず、閉会時にはお互い納得の表情で堅い握手を交わしていた。これを見て、鳩山氏と小沢氏は意思の疎通が出来ているのではと感じた。

私の推測では、今回の辞任劇は、小沢氏によって周到に練られたシナリオにそって進んでいる、民主党の起死回生策でないかと考えている。恐らく、両者辞職を最初に言ったのは小沢氏だろう。鳩山氏はそれに乗った(乗らざるを得なかった?)のだろう。

まず、特筆すべきは2だ。鳩山氏も小沢氏の問題が検察による意図的な不当捜査であることはわかっている。しかし、今更どう言っても、マスコミに刷り込まれた「小沢=悪」のイメージは変わらない。どうせ辞めるのだから、マスコミにも一泡吹かせようと考え、あえてこの問題を持ち出し、決着を図ったと思う。その背景には、偏向マスコミへの不満と、未だ成熟せず選挙を人気投票と勘違いしている国民への対策があったのではないだろうか?恐らく小沢氏とすれば、どうせ辞めるのだから、悪い風評はおれが全部かぶって辞めたほうが選挙は有利になると踏んでたのだろう。それ故、鳩山氏にあえてあの演説をさせたのではないか?どうせ、司法で自分の潔白は証明されるのだからと。

鳩山氏がここで辞めれば、しばらくはマスコミも新首相や新内閣を客観的に報じざるを得なくなる。参院選まで一ヶ月。これ以上の宣伝は無いだろう。どうせ新代表(首相)には小沢グループが推した人が就任する。選挙で勝てればそれで万々歳、負けても他党との連立協議などで小沢氏の力は必要になり、党内には一定の影響力が残る。

今の内閣では官僚やマスコミとこれ以上戦えないと小沢氏は判断したのだろう。鳩山氏もやりたい事が出来ない歯痒さから、参議院選挙の予測も相まって、今回のシナリオに乗ることにしたのではないだろうか?

マスコミに影響されやすい人たちは、昨日の演説と最後に小沢氏と対峙したという構図を好むだろうし、鳩山首相は首相としてだめでも、別の人に代わるのならまだ民主党に期待すると言う人も多い。選挙で今以上に票が落ちることは無いだろう。今回、あえて嫌いな小泉を彷彿とさせる「劇場型」シナリオを描いたのも、まだ成熟できない国民に対する最後の警鐘なのかもしれない。それが3の本当の意味なのではと無駄に深読みしてみる。





以上、あくまでも推測ですが、今私が感じている事から、推測してみました。
現状では、小沢氏と鳩山氏は袂を分かったという人もいる。小沢氏が追い詰めて引導を渡しただけだと言う人もいる。それは否定しないが、それならば、こんなに段取りがきちんとしている事の説明がつかないような気がする。少なくても党内が混乱しないのは、小沢氏のシナリオどおりに進んでいると見てもいいのではないだろうか?

あくまでも推論ですので真に受けすぎないで下さい。皆さんは今回の辞任劇、どのようにお感じになられたのでしょうか?
ただ、マスコミや野党はあせっているでしょうね・・・。一生懸命叩こうとしていた二人が急に居なくなっちゃんたんですから。特にみんなの党の渡辺氏、顔に焦りが出ていますよ。なにせ無党派層は新しもの好きですから。ダブル選挙やったら、勝てないのは準備出来ていない党です。強がりも大概にしたほうがいいと思いますけど・・・。




(ご紹介)
ツイッターでも、色々つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan








banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク

スポンサーサイト

テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

コメント

*

 はじめまして。
 どちらが言い出したかはわかりませんが、鳩山&小沢氏の関係は基本的には良好であると思います。恐らくは辞める時は一緒に辞めるというのを想定していたでしょうし、実にいいタイミングでのダブル辞任劇。
 これで自民党は困ってしまったでしょうね。鳩山さんが辞めなければ集中砲火を浴びせようと思っていたのが目標を失ってしまったのですから。個人的には鳩山さんにダブル選挙に打って出てほしかったんですが・・・。
 マスゴミは小沢・反小沢で煽ってますが無駄だと思います。

*同じく!!

はじめまして。

>小沢氏によって周到に練られたシナリオにそって進んでいる

辞任のニュースを聞いた時、「辞任演説」を聞いた時、そう感じました。

そういう手があったか、とも思いました。

案の定、まんまと引っかかったマスコミ、そして国民。

すばらしいシナリオです。

コメント投稿

Private

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://turffan.blog54.fc2.com/tb.php/107-6a1da870
この記事にトラックバックする(FC2ユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。