Home>2011年05月  TotalPages2 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅内閣不信任案を可決させよ

2011.05.31 Tue

震災前から菅内閣の酷さは日々訴えてきたが、国民ももう我慢の限界だろう。震災からの日本の復興を邪魔しているのも菅内閣であり、もはや菅とその一派が政権に在るだけで多くの混乱を生む結果となっている。政治的案件も根回し無しに思いつきで行っているため、全てが停滞しているのが現状だ。震災対応でも二転三転し、東電や官僚・既得権にいいようにやられ、米国には懐柔され、他の外国からはバカにされ、政権の体をなしていない。

そもそも、国民から支持を受け誕生した民主党政権の政策をことごとく勝手に捻じ曲げ、消費増税はじめとする既得権益の味方をするような過去の自民党政権よりも劣悪な状況が現状の菅内閣であると考えられる。国民はこんな内閣に政権を任せるために政権交代させたのではない。

そして小沢一郎氏を目の敵にし、官僚既得権と供に言われ無き罪で排斥しようとする事は到底許されない。

菅内閣が存在している事が日本にとって既に害悪であり、政権交代時に掲げていた「国民の生活が第一。」の精神から著しく乖離しているように感じられてならない。首相や執行部のバカ者たちは保身しか考えず、政敵の抹殺と官僚・既得権に懐柔されるということしか行っていない。挙句、増税論者の与謝野を閣内に迎え、消費増税や各種増税に舵を切ろうとする国賊一派に成り下がり果てた。今、菅が退陣し、菅や仙谷一派以外の他の誰が首相になっても、今より悪いと言う事は無いだろう。

今、日本は震災・原発というとてつもない問題を抱え、更に景気・経済も非常に深刻な状況にある。この状況下で最低最悪の菅内閣が存在している事は誠に如何である。一刻も早くこの状況を少しでも好転させる為には、まず菅内閣を駆逐しなければならない。

野党は週末にも内閣不信任案を衆院に提出するもようだ。志ある日本を憂慮する議員はこれに賛成し、菅内閣を倒さなければいけない。民主党がどうこうとか、政局がどうこうとか、そういう次元ではもはや無い。あまり関心しない政策を掲げる野党も居るがそんな事は言っていられない。菅内閣を駆逐しなければ、日本の未来は無い。

菅内閣を駆逐した後は、救国暫定内閣を作り各問題の対処にあたり、落ち着いたら衆院を解散して信を問えばいい。日本が崩壊に向かえばいい、全て壊れてしまえばいいという国民は、菅内閣に引き続き政権を任せることを支持すればいい。逆に、物事が一つでも進んだほうがいい、日本が復興したほうがいいと思う国民は、四の五の言わずに菅内閣を倒す政治家を支持すべきだ。

志ある衆議院議員の皆さん、野党から提出される内閣不信任案を可決させ菅政権を総辞職に追い込む為に総力を結集し動くべきです。菅が総理を続ける事こそが日本最大の害悪。その後、誰が総理になろうとも、今より悪くなる事はありません。まずは総力を結集し、菅の駆逐・殲滅を!!



(ご紹介)
ツイッターでは、毎日つぶやいています。よろしければこちらもご覧下さい。
http://twitter.com/turffan

私の呟きをまとめたTwilog
http://twilog.org/turffan



当ブログは、検察による不当な捜査により無実の罪を着せられ戦い、無罪を勝ち取った村木厚子さんを応援しております(通称障害者団体向け割引郵便制度悪用事件)。また、同時に村木さんの社会的な名誉回復も応援しております。詳しくは下記リンクをご覧下さい。
竹中ナミさんによる「村木厚子さんの完全な名誉回復を願う」HP







banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村






↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。



FC2ブックマーク
スポンサーサイト

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。