Home>2009年07月15日  TotalPages1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分達の事を棚に上げて、ネガティブキャンペーンをすることしかできない自民党

2009.07.15 Wed

自公、民主に
幹事長会談呼びかけ
貨物検査法案


自民党の大島理森国対委員長は15日午前、民主党の山岡賢次国対委員長と電話で会談し、自民、公明、民主3党による与野党幹事長会談の開催を呼びかけた。北朝鮮関連船舶への貨物検査を可能にする特別措置法案を参院で審議し、成立させるため民主党の協力を求めることが狙い。大島氏は「なんとか努力いただき、この法案だけでも審議してほしい」と要請したが、山岡氏は「(参院は)問責が可決された」と述べ、困難だとの認識を示した。

貨物検査法案は14日の衆院本会議で可決、参院に送付された。しかし、参院では野党が提出した麻生太郎首相の問責決議案を可決しており、野党は一切の審議を行わない方針で、衆院解散に伴う廃案が濃厚になっている。
(産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090715-00000527-san-pol



ここより個人的感想


問責決議が可決された参議院で審議しろとはおかしな話だ。
法的拘束力云々の話ではない。
これは立法府の一院である参議院の意思なのだ。
他の記事ではこの民主の姿勢を一斉に非難しているが、
(参照 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090715-00000046-jij-polなど多数)
問責を可決された政府にそれを批判する資格はない。

そもそも特別措置法案は、
はっきりいってパフォーマンス法だと思う。
条項に公海での検査は旗国の承認が必要とある。
海自と海上保安庁の連携についてももっと詰める必要がある。
これでは有事の際に現場の人を危険な目にあわせる可能性もある
もっと海上警備行動について具体的な指針を示すべきで、
はっきりいって有用性がある法律とは思えず、
きちんとした検査が出来るとは思えない。
ただ、法律を作ればいいというものではなく、
もっと北の嫌がるような有用性のある根本的な北朝鮮政策を、
与野党で協議して欲しい。
こんな生ぬるい法律は何の効果もない。
審議するだけ時間の無駄だ。

そもそも麻生総理は14日に衆議院を解散しようとしていた。
その時は当然廃案になっていたはずだ。
ただのあげ足取りの発言にしか聞こえない。
そんな発言をする暇があったら、
自分の党の中の反乱分子をどうにかするべきだ。

自分達の都合のいいように大切な外交に関する法案を
民主のネガティブキャンペーンに利用する自公政権は、
地方選の結果や問責決議の重さもわからない
不感症の政党になってしまった。
また、何一つ地方選の敗北を
生かす事が出来ていない事を露呈した。
まさに「議員の保身の為だけに存在している政党」に
成り下がってしまった。
自身を律し、反省する気が全くない。
野党はこんな奴らを相手にする必要はない。

選挙に向けてやるべきことは沢山あるはずである。
こんな醜態を有権者はどう思うのか。
それに気付くのは、
早くても、選挙の結果が出た頃なのかもしれない。





banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク
スポンサーサイト

テーマ:政治・時事問題 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。