Home>2009年07月03日  TotalPages2 next

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東国原知事がトーンダウン?

2009.07.03 Fri

東国原知事 
地方分権改革案を安売り?
受け入れ条件下げ


衆院選出馬に意欲を示している宮崎県の東国原英夫知事は2日、
出馬条件として自民党に地方分権改革案受け入れを求めていることについて
「100%とは言いません。90、80%ぐらい」と述べた。
これまで「一言一句漏らさず」としていた条件を自ら引き下げた形で、
「国政転身ありきの安売りか」と冷めた見方も出ている。

知事は自民の出馬要請に対し
(1)自らを党総裁選の候補とする
(2)地方分権に関する全国知事会の要望を党政権公約に盛り込む
の2点を条件としていた。

知事は衆院選への出馬については
「(自民党から)知事会のマニフェスト(要望)を
盛り込むことを前向きに検討するとの返事をいただいた」と述べ、
国政転身の可能性がなお残っていることを強調した。
(毎日新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090703-00000009-maip-pol



ここより個人的感想


結局自分を選挙に強いと売り込んで、
国政に出ることしか考えてないんじゃないじゃないのか?

あれだけ威勢良く啖呵をきっておいて、
よくこんなことが今更言えますね。
国民や県民のことなど考えていない証拠です。

地方分権は大切なテーマだと思うが、
今の彼はそれをただの大義名分にしているだけのような気がする。
それを人気取りだけで利用しようとする一部の自民幹部もどうだろうか?
そんなことは、国民はお見通しである。




banner_21.gif

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

↑ブログランキングに参加しています。
よろしければクリックお願いします。


FC2ブックマーク





スポンサーサイト

テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。